TOP ≫ 魚釣り初心者へ ≫ 仕掛けの結び方 ≫ なるほど結び

魚釣り初心者へ




なるほど結び

クロ釣りで求めるアタリの矛盾を解決する結び


難易度 ★★☆☆☆     用途 ウキ止め

四国のクロ釣り名人、山元八郎さんが考案した「なるほど結び」。主にウキ止めに使用される結びだ。微アタリの場合はウキのトップリングに掛かってアタリを知らせて欲しいが、魚が強く引っ張り始めた時には逆にリングをすり抜けて、ウキに掛かる引き込み抵抗を少なくしたいのがウキ止め。この矛盾を解決するために考案された結びがコレだ。大分県内の磯釣り師でも、この結びを実践している方が多く、食い込みが良く食い渋り時でもアタリが取りやすいことで定評がある。結ぶ時のコツは、あまり強く結ばないこと。結び目をきつくしてしまうと、道糸が屈折してしまい、思うように仕掛けが入らない原因にもなる。結びをある程度で止めることで、この結びの真価が発揮されるようだ。 また、強い引き込みアタリでは、ウキ止めが小さいため、ウキのリングに入り込んで、アタリを分かりづらくしてしまうケースもある。「引き込み抵抗があってもいい。出来るだけウキでアタリを取りたい」と考える方には、不向きな結びと言えそうだ。

バーコード