TOP ≫ 魚釣り初心者へ ≫ 仕掛けの結び方 ≫ 三原結び

魚釣り初心者へ




三原結び

道糸とハリスの直結になくてはならない結び


難易度 ★★★★☆
用途  ナイロンとフロロカーボン及びフロロとフロロの直結

クロ釣り名人である三原憲作さんが考案した結び。サルカン(ヨリモドシ)は重量があり、これが仕掛けに屈折を作る。そのため、「直結の方が仕掛けが自然に流れていい」と言われ出したことから考案された。それまで、直結の主流は電車結びだったが、最後に糸の先を穴に通すため、夜釣りや時間が限られる磯釣りトーナメントではあまり馴染まなかった。そんな悩みを解決してくれる結びがコレだ。 固結びの応用編とも言える結びで、慣れれば夜釣りでも(目視しなくても)結べる便利な結びである。コツは、最後に道糸とハリスの元と先端のそれぞれ4本を持ってゆっくり締める時。この時に、結び目が「クルッ」と半回転すればOK。この「クルッ」がないと完全に結べず、どちらかの糸がすり抜けてしまう。「三原結びは抜けてしまう」と言う方のほとんどが、この最後の締め込みの時に、そのまま締めてしまっているケースが多い。結び目が「クルッ」と半回転すれば、後は締め込むだけ。ワンランク上の号数の道糸とハリス(2号と1.75号など)でも問題なく結べ、フカセ釣り師にはなくてはならない結びだ。

バーコード