TOP ≫ エギング入門 アオリイカの釣り方

ロッドの選び方 ≫ PEラインの選び方 ≫ 釣り方 ≫ 大型アオリイカの釣り方 ≫ エギの選び方 ≫ イカの保存法

(3)アオリイカの釣り方

10月ごろ(初心者向け) 初夏に孵化したアオリイカは、見る見るうちに成長し、10月ごろからエギに乗ってくるほどの大きさになって、よく釣れ出します。しかし、まだまだ100~300g程の大きさが主体であるため、釣ってはリリースするケースが多い時期でもあります。この時期に釣れる小イカは、まだ学習されていないためスレておらず、何の躊躇もなくエギに乗ってくるケースが良くあります。だから、これからエギングを始めようという方には、いい練習になる時期でもあります。エギをどうやって動かせばモイカが反応するのかとか、エギがどういう動きをしている時にアオリイカが抱いてくるのかというエギングの基本が、目で確認しながら、しっかり把握できる時期であるので、エギングを始めるなら、まさにこの時期と言えます。

アオリイカこの時期のポイントは、大分近郊から県南の方までの波止や地磯のいたる所で釣れます。特に、波止や地磯周りでもどちらかというと湾内やワンドになっている場所が比較的良く釣れます。これは、アオリイカがまだ小さいためあまり潮の通す外洋へ出て行かないからで、体長が小さく弱いと外敵にやられてしまうからです。また地磯周りでも狙い目は、ゴロタ石や沈み瀬等のストラクチャーが点在している浅場が特に狙い目のポイントとなってきます。波止でも先端部周辺より、波止の付け根あたりの少し浅くなっている場所の方がアオリイカもよく集まっているので、まず、釣り場に着いたら浅場を中心に狙って見ることが釣果のカギと言えます。往々にして、波止や地磯の先端部に好んで行きがちですが、深場は思ったほど釣果が延びないのです。

釣り方としては、浅場をメインポイントとするために、2.5号のエギを使用することが多くなります。3号以上のエギであると沈みが速いため根掛かりのトラブルの原因となるので、ほとんど使用しません。それにアオリイカの型も大きくて500gまでなので2.5号のエギの大きさで十分です。3号以上のエギを使用する場合は、ナマリ部を削って沈下速度をゆっくりになるようチューニングしていれば問題はありません。まず、フルキャストして遠投し、最初のシャクリ始めのときはエギをしっかり着底させます。着底したら、最初に3~4回のシャクリを連続して行った後、フォールさせます。そして次は、エギが着底する前にシャクリを行うようにします。特に、浅場でストラクチャーが多いような場所では、最初のキャスト時に着底させる以外は、手前にエギをシャクリながら引いてくる途中の着底は行いません。

途中で一回一回着底させているとまず根掛かりをしてしまいます。だから、根掛かりを防止するため底近くまでエギが落ちた時にシャクリを入れるようにするのです。それと、このようなポイントは、底が起伏に富んでいるので、アオリイカも通常は底付近に居ても、獲物を追うときは中層や浅層に浮いてくるため問題ありません。以上のことを気するだけエギのロストも減らせます。

晩秋にむけて…

10月ごろから連日のように、各波止や地磯でエギを見せつけられているアオリイカは、11月ごろから徐々にスレてきて、また、一回り成長するに連れ学習能力も向上しています。だから、10月ごろには面白いように釣れていても、日を追う毎にだんだん簡単には釣れなくなってきます。しかし、少しずつ釣れる型も平均して大きくなってくるのも事実です。

アオリイカこのような時期になってくると、まず一つはポイントの選定が要となってきます。いつも釣人が入っているようなポイントは、最初から釣らないことです。全く釣れないことはないですが、数が釣れないため効率よく釣ることができません。キーポイントは、人がエギを入れていないところです。だから釣り人がよくエギングをしている波止や地磯でも先端部周辺や墨跡がいっぱい残っている場所は、それだけアオリイカが釣られているので、その周囲のアオリイカはスレていると考えてよいでしょう。波止では、墨跡が無いところや地磯では、先端部周辺でなく、地向きのワンドの中などが狙い目となります。特に波止では、波止の付け根あたりの浅場は、アオリイカがかなり着いているにも関わらず、釣り人が見向きもしないようなポイントだったりするので、攻めると良く釣れるケースが往々にしてあります。

次に、もう一つは、釣り場所の選定です。11月ともなると北西からの季節風が吹き始め、海水温も徐々に下がっていくため、アオリイカはその季節風に乗るようにして南へ下って行くようになります。つい先週は良く釣れたのに、一週間後はさっぱり釣れないという現象が起こるのもこの時期の特徴と言えます。

潮に乗って、その場所へ北からアオリイカが流れてくることがない限り、ほとんど釣れません。特に、このような現象が良く起こるのが、大分県で言えば、大分市内近郊の別府湾周辺から佐賀関一帯の波止や地磯一帯においてです。これは、海水温の低下により、適水温の場所を求め南へ下って行くと推測されます。一年を通じて見ると津久見の四浦半島から蒲江一帯にかけては安定した釣果が得られるのは、アオリイカにとって越冬できる条件が揃っているのでしょう。

だから、釣り人もアオリイカと一緒に南下して行くことが条件となります。私は、10月いっぱいまでは、佐賀関周辺でエギングをし、11月には、アオリイカの釣れ具合を見て、四浦半島から鶴見一帯の釣り場へ変更するようにしています。

釣り方は、基本的に10月ごろの釣り方と変わりませんが、この時期になると、アオリイカも少し成長して大きくなっているので、深場のポイントも有効な場所と言えます。ただ単に深場と言っても海底に変化のある場所が良いため、カケアガリ付近や沈み瀬等のある場所を攻めると良いでしょう。深場の場合は、中層付近にはアオリイカが居ないので、シャクった後、一回一回、エギをしっかりボトムまで落とすようにして釣ることが大切です。深場は、特にボトムが取れてないと釣果がなかなか伸びません。

ロッドの選び方 ≫ PEラインの選び方 ≫ 釣り方 ≫ 大型アオリイカの釣り方 ≫ エギの選び方 ≫ イカの保存法

VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新
バーコード