TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2017年11月17日(金)更新

中津方面

スズキ・チヌ・ハゼ・ワカサギ

中津港内では、未だにアミ掬いの人が多い状況。アミを追ってサビキのカタクチイワシやヒラ(ヒイラギ)が続釣中。フカセのメイタ・チヌは、日ムラがありながらも30㎝級主体でぽつぽつ。投げ釣りのキスは、状況次第でアタリもあるが、時期的には厳しくなっている。アオギス(絶滅危惧種)が釣れた場合はリリースを。山国川河口ではルアーのスズキが順調。そろそろボラのアタリも増える時期。日田の大山ダムではワカサギが順調。ワカサギ釣りは遊漁券を購入してから竿出ししよう。


豊後高田〜国東方面

チヌ・スズキ・ハゼ・青物

駅館川や桂川ではルアーのスズキが続釣中。セイゴ・フッコクラスは数釣りを楽しめる。夜釣りでランカー級も交じる。投げ釣りのキスは、徐々に落ちギスと呼ばれる産卵前の荒食いの時期へ。河口周辺ではハゼも交じる。フカセのメイタ・チヌは、北風の影響で竿出し難い時期に突入。風の向きや強さを考慮して家を出よう。ソフトルアーやブラクリで、メバルやホゴなど根魚が上向き。特にメバルはこれから楽しみな釣り。砂底の地域では、ルアーでマゴチがぽつぽつ。国東(田深)港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。30㎝級主体で、散発的に40㎝オーバー。テトラ周りのソフトルアーで根魚が上向き。徐々にサイズアップしている。沖の船釣りでは青物が好釣。ヤズ・ネリゴの群れがかなり入っているので、青物狙いは今がチャンス。陸っぱりで遠投して狙うのもあり。タチウオは指6 〜 7本級のドラゴン級が釣れている。


杵築〜別府方面

アジ・クロ・チヌ・青物・モイカ

日出港周辺では、サビキのゼンゴ・アジがぽつぽつ。日ムラがあるので、潮の状況に応じて竿出しを。基本的には潮止まり前に動く潮が狙い目。特に夜釣りでは良型も出るので、アジングで狙うのも面白い。エギングのモイカは散発的なアタリ。徐々にスレているので、竿抜けポイントで粘りたい。フカセのメイタ・チヌは、大神漁港や深江港、日出港岸壁でぽつぽつ。今年はチヌの活性が今一つ上がらない状況が続いているが、工夫次第でアタリは出る。エサ盗りの状況に応じてマキエやツケエの変化を。亀川漁港では、外海に向けての遠投カゴでアジ・サバがぽつぽつ。基本的に夜釣りメインで、型は15 〜25㎝級。新若草港や楠港ではフカセのメイタ・クロが続釣中。ただし、小型が多い。良型は散発的なアタリなので、マキエを多めに打って集魚しよう。別府一文字は依然として青物の魚影が濃く、ヤズやネリゴの数釣りが楽しめる。青物以外にも、カゴ釣りのアジ、フカセのメイタ・クロ、エギングのモイカなど、釣れる魚種が多いので楽しめる釣り場。波止での釣果が上がらない人は、思い切って一文字渡ってみよう。


大分〜佐賀関方面

チヌ・アジ・タチウオ・モイカ

西大分港周辺では、ブラクリやソフトルアーで根魚(ホゴ、ソイなど)のアタリが増えつつある。特に夕まずめ以降の半夜釣りで頻繁にアタリが出て楽しめる模様。白灯台ではジギングで青物(ヤズ・サワラ)が続釣中。かなり遠投する必要があるので、周りに気を付けてキャストしよう。フカセのメイタ・チヌは、西電裏や5号地テトラでぽつぽつ。クロも交じる。大分川・大野川河口では、ルアーのスズキが順調。夜釣りでランカーサイズも交じる。投げ釣りのキス・ハゼは大野川導流堤や鶴崎橋周辺、丹生川で続釣中。大在・日吉原公共ふ頭では、依然としてタチウオが続釣。ただし、釣り方次第。先週の本誌に掲載しているサブマリン釣法がオススメ。ワインドで釣れない場合は、ぜひ試して欲しい。フカセのメイタ・チヌは、散発的ながらもぽつぽつとヒット。遠投カゴやサビキのアジは、時間帯によって差が出るので、足繁く通って釣れる時間帯を見極めたい。坂ノ市一文字では、青物が好釣。ハマチやサワラなどの大物が釣れるので、ジギングや泳がせで狙って欲しい。青物以外にもフカセのチヌやマダイ、ブラクリのホゴ、カゴ釣りのアジ、エギングのモイカなど晩秋の釣り物三昧。佐賀関方面では、エギングのモイカにスレが見られるようになり、これからは泳がせ釣りが面白い時期となる。エギングでも全く釣れないわけではないので、上手くコントロールしてモイカのスイッチを入れて釣り上げたい。半島先端では青物も続釣中。金山港〜白木港にかけて、サビキのゼンゴが順調。特に夕まずめにまとまった数が出る。これからはテトラ周りのメバルやホゴも楽しめるようになる。


臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・サヨリ・モイカ

臼杵フェリー乗り場、板知屋港、風成港では、サビキのアジが順調。特に午前中にまとまった数が出る。港内でも20㎝級の中アジが狙えるので、家族にもオススメ。フェリー乗り場導流堤のサヨリは、先週の大雨以降に少し数が落ちたものの、まだ続釣中。今年はフカセのメイタ・チヌの調子が上がらないので、チヌ狙いは更に県南へ行くことをオススメする。エギング・泳がせのモイカは、半島の先端でぽつぽつ。良い人で400g級が3 〜 6 パイ。津久見方面では、フカセのチヌが続釣中。潮次第で大型が出る。北風の強い場合は、長目半島の伊崎港や浦代港などがオススメ。日見港〜江ノ浦港にかけて、サビキのゼンゴやカゴ釣りのアジが続釣中。アジは上浦方面の福泊港や蒲戸港でも順調。特に夕まずめにアタリが集中する。これからはメバリングも楽しめるようになるだろう。四浦半島では、ジギングの青物とエギングのモイカが続釣中。モイカは場所によってアタリが全く出ないので、ランガンで探るのが基本。夜釣りの場合は、近隣住民の迷惑にならないように無断駐車や騒音は控えよう。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・スズキ・モイカ

気温の方は徐々に下がりつつあるものの、水温は未だに高めを推移。週末の寒波からどうなるか…。鶴見半島ではエギング・泳がせのモイカがぽつぽつ。徐々に泳がせに分が出てきている。サイズは300 〜 800g級。地松浦港、羽出港などでサビキ・遠投カゴのアジがぽつぽつ。日ムラがあるものの、潮次第でまとまった数が出る。フカセのメイタ・チヌは状況次第で数釣りを楽しめる。蒲江では散発的に50㎝オーバーの大型も。イカダのモイカが好釣。良い人で10 パイ以上も出ているので、陸っぱりで不釣の人にオススメ。


つり太郎WEB内を検索

バーコード