TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2020年8月7日(金)更新

中津方面

チヌ・キス・スズキ・アユ

山国川河口では、投げ釣りのキス、ルアーのスズキやメイタ・チヌなどのチニングが続釣中。特にチヌは30~40cm級のアタリが多く楽しめる。潮が動いた時や水温が上がり始める時間帯が狙い目。できればド干潮からの満ち潮を狙うと良い。中津港では、サビキのゼンゴがぽつぽつ。フカセのチヌは、新波止や沖波止で続釣中。影になる場所がないので、パラソル必須。できるだけ直射日光を受けないように心掛けよう(もちろんコロナ対策も万全に)。表層にボラが湧く場合もあるので、タナを一気に沈めて釣る必要がある場合も。半遊動の仕掛けをお忘れ無く。


豊後高田〜国東方面

チヌ・スズキ・キス

宇佐の駅館川、豊後高田の桂川河口では、チニングが好釣。30~45cm級の良型交じりで楽しめる。ポッパーだけでなく、メタルジグやワームなど幅広くルアーを持って行こう。投げ釣りのキスは、呉崎干拓地~国東半島一帯にかけて、各海岸線で続釣中。連日、本格的な真夏の到来を感じさせる気温となっているが、キスも数・型共に伸びているので、今がチャンス。数投キャストしては、横に移動して数を稼ごう。手前の反応が悪い場合は、沖の方に遠投する必要も出てくるので、チョイ投げで狙う人は、少し上のクラスのロッドも用意しておくと良い。ツケエはゴカイ、もしくは青ケブ。フカセのメイタ・チヌは、小型のクロ交じりで続釣中。長崎鼻地磯や波止、香々地港、熊毛港、国東港がオススメ。渚釣りができる時期にもなっているので、遠投で狙えるように用意しておくのも良い。30~45cm級が良い人で5~10枚。


杵築〜別府方面

アジ・クロ・チヌ・キス

時期的にオススメは、投げ釣りのキス。数・型共に良くなっている。場所は、深江港や日出港、豊岡港など砂底が広範囲に続く所にキャストしよう。15~25cm級が良い人で10~20匹。状況によってそれ以上の数釣りもできる。大神漁港、日出港内ではフカセのメイタ・チヌが続釣中。開始前にマキエを多めに入れて、海中の様子を観察し、その日の状況を把握してから本格的な釣りを。エサ盗りの寄り付きが悪い場合は、全体的に活性が低いので、さらに範囲を広げてマキエを打ち、エサ盗りだらけの時は、その下や沖にいる良型をピンポイントで狙おう。チヌに交じってクロも続釣中。亀川漁港から国際観光港にかけては、フカセのメイタ・チヌが順調。30cm級のクロも多いので、パン粉釣法で狙うのもあり。チヌは河口周辺でも魚影が濃くなりつつあるので、チニングで楽しむのも面白い。別府一文字は、本格的な夏釣りに移行中。フカセのクロが順調で、25~32cm級の良型までと、かなりの引きが楽しめる。フカセは他にもチヌ、アジ、ウマヅラハギなどが良く釣れている。


大分〜佐賀関方面

チヌ・アジ・スズキ・キス・アユ

8月に入って更に夏の暑さが増している今日この頃、西大分港~5号地テトラにかけては、朝・夕まずめに魚の活性が高まっている。釣れる魚種は、ゼンゴ・アジ、サバ、コノシロ、メイタ・チヌ、クロ、キス、ベラ、サンバソウ、カワハギ、ホゴなど多数。特に夕まずめ以降の半夜釣りが活性が高まってくるのでオススメ(気温も下がって人にも優しい時間)。日中は特に13時以降の熱中症になりやすい時間帯での竿出しは避けよう。大分川・大野川河口では、投げ釣りのキス、ルアーのチヌやシーバスが続釣中。上流のアユは、水位も落ち着き支流だけではなく、本流での入水も可能になっている。サイズ的には支流で20~25cm、本流で20~28cm級が多く、数は人によってマチマチだが、およそ10~30尾。ベテランで50尾といったところ。乙津港や家島周辺では、夕まずめのカゴ釣りで良型アジがぽつぽつ。タチウオはまだ確認できていない。大在・日吉原公共ふ頭では、フカセのチヌや梅雨グロがぽつぽつ。クロは波止から30cm級が釣れる事もある。坂ノ市一文字では、これからは半夜釣りのアジ釣りがオススメ。20cm以上の良型が増えてくるので、まとまった数釣りは専ら夜釣り主体となる。フカセのチヌやマダイがぽつぽつ。ベイトが入った時は、青物狙いも面白い。佐賀関方面は、神崎漁港、大志生木・小志生木で投げ釣りのキスが続釣中。特に神崎漁港はチョイ投げで楽しめるのでオススメ。ただし遊漁船の迷惑になる行為は止めよう。金山港、白木港周辺では、港内でサビキのゼンゴ、外海で中アジがぽつぽつ。幸ノ浦港や小黒港方面ではエギングケンサキのハシリ。深夜帯に釣れることもあり、夜中でも釣り人の動きがあるので、地元の迷惑になる行為は慎むこと。現段階では、200~300g級が良い人で1~5ハイ。

臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・クロ・キス

臼杵フェリー乗り場では、サビキのゼンゴ・アジがぽつぽつ。基本的に朝・晩のみになるので、日中は避けよう。アジは沖の方でまとまった回遊があり、津久見島周りでの釣果が上がっている。25cmクラスが軽く3ケタ。日中のゼンゴ釣りは厳しいが、導流堤などでは投げ釣りのキスが上向き。20cmを超える個体も増え始めており、チョイ投げでも釣れるので家族にオススメ。コロナと熱中症対策を万全にして臨もう。8月1日には板知屋港で、40cm級のイサキがヒット。イワシの回遊がある時が狙い目のようだが、狙って釣るのは中々難しそう。津久見港周辺では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。梅雨グロ交じりでフカセ釣りが楽しめる。クロは、マキエワークを駆使して、コッパグロの中から良型を狙おう。家族には、日見港や網代港などでのブラクリで、際のホゴ狙いも面白い。どちらかと言えば午前中がオススメだが、潮にもよる。四浦半島の各波止では、夜釣りのアジが順調。尺アジも交じる傾向なので、アジングで狙うと面白い。アジを追ってスズキやヒラメ、青物の魚影も濃いので、ジギングや泳がせもあり。日中は間元港などでフカセのクロやチヌも続釣中。夜釣りは日中より音が響くので、地域の住民へ迷惑になる行為はしないこと。


上浦〜蒲江方面

アジ・チヌ・クロ・キス

番匠川河口では、投げ釣りのキス、ルアーのスズキ、マゴチ、ヒラメなどのフィッシュイーターが活発化している。大入島ではフカセのチヌが順調で、特に沖波止は50cmオーバーの良型も望める。時間帯や潮次第で数釣りが楽しめるので、ぜひ挑戦してほしい。鶴見半島の各波止では、日ムラがありながらも、夕まずめからサビキのゼンゴ・アジ。夜釣りであれば、20~28cm級の良型も多くなる。フカセのクロは地磯周りで続釣中。30~35cm級の引きを楽しめる。時間帯によってはエサ盗りが多くなるので、マキエワークなどで上手く避わして良型を狙いたい。半島の先端では、青物の魚影も濃く、ケンサキイカも上向き。ケンサキを狙うのであれば、夕まずめにサビキでゼンゴを釣り、それをエサに狙うのも良い。港内はエギを投げて釣れることもあるので、状況によって使い分けよう。蒲江のイカダでは、投げ釣りのキス、フカセのチヌ、クロなど魚種が増えつつある。特にアカハタやオオモンハタなどのロックフィッシュは、今の時期に数釣りが楽しめる。


つり太郎WEB内を検索

バーコード