TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2018年11月16日(金)更新

中津方面

チヌ・スズキ・ハゼ・ワカサギ

中津港内では、サビキのカタクチイワシやヒラ(ヒイラギ)が続釣中。港内にはアミの群れも入っているので、アミ掬いの人も多い。フカセのメイタ・チヌは、日ムラがありながらも、30cm級主体でぽつぽつ釣れ続けている。西波止では投げ釣りのキス、ハゼが続釣中。ハゼは山国川河口でも釣れている。ルアーのスズキも続釣中で、特に夜釣りで良型が出る傾向。まだ水温が下がり切っておらず、ボラの回遊も少ないので、スズキ狙いは今がチャンス。日田の大山ダムでは、ワカサギが順調。まだ本格的な数釣りの一歩手前といった感じだが、今週末あたりの冷え込みから調子が上がって来そうな雰囲気。


豊後高田〜国東方面

スズキ・チヌ・ハゼ・モイカ

駅館川や桂川河口では、ルアーのスズキが続釣中。セイゴ・フッコクラスは数釣りを楽しめ、散発的にランカーサイズが交じる。基本的には夜釣りの方が型が良い。ただし夜は冷え込んで来たので、防寒対策をしておくこと。投げ釣りのキスは、ハゼ交じりで続釣中。落ちギスと呼ばれる産卵前の荒食い時期でもあるので、釣れれば25cm級の良型も望める。砂底ではマゴチも続釣中。フカセのメイタ・チヌは、北風の影響を受け始める頃。波止によってはモロに正面からの風が来るので、場所選びが重要となる。釣り自体はそれなりに数釣りを楽しめ、30〜 40cm級主体で散発的に45cm級。今年は水温が高めを推移しており、メバルの釣果はまだあまり聞こえない。代わりにアジングのゼンゴ・アジが続釣中。外灯周りを探れば、数釣りを楽しめる。エギングのモイカは、100 〜 400g級が良い人で3 〜 5 ハイ。良型のコウイカも交じる。沖の方ではタイラバのマダイや青物が続釣中。9日は竹田津沖で、95cmマダイが出た。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・モイカ

日出港周辺では、サビキのゼンゴ・アジがぽつぽつ。日ムラがあるので、潮の状況に応じて竿出しを。基本的には潮止まり前後の潮が動き始める頃が狙い目。特に夜釣りでは20cmオーバーの良型も出るので、アジングで狙うのも面白い。エギングのモイカは散発的なアタリがぽつぽつ。波止にはそれなりに墨跡があるので、全く釣れなくもない。フカセのメイタ・チヌは、イマイチ活性が低いのかアタリが少ない。とは言え、工夫次第でそれなりにアタリは出るので、エサ盗りなどの状況に応じてマキエワークやツケエに変化をもたらそう。亀川漁港では、テトラ周りのブラクリで根魚がぽつぽつ。外海に向けての遠投カゴでアジなど。沖は青物の魚影が濃いので、ジギングで狙うのも面白い。新若草港や楠港では、フカセのメイタやクロがぽつぽつ。水温が徐々に低くなっているので、日ムラが激しい。マキエは多めに用意して集魚したい。別府一文字では、フカセのクロが続釣中。25〜 30cm級の中グロが多い。エギングや泳がせでモイカが続釣中。徐々にサイズもアップしており、数釣りもできる。泳がせでは、ネリゴやヤズなど青物も続釣中。もうしばらく楽しめそう。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・ハゼ・モイカ・青物

西大分港周辺では、ブラクリのホゴなど根魚が上向き。特に夕まずめ以降の半夜釣りで頻繁にアタリが出る模様。他にもフカセのメイタ・チヌ、白灯台からの遠投でサゴシやネリゴなど、秋の魚釣りが楽しめている。大分川・大野川河口では、ルアーのスズキが順調で、特に夜釣りで良型が釣れる。投げ釣りのハゼは、鶴崎橋周辺や丹生川で順調。まとまった数釣りを楽しめるので、家族にオススメ。秋の行楽日和に出掛けてみませんか? 芹川ダムや稲葉ダムなどでワカサギ釣りが順調。まだ水温は高めなので、これから更に活性も高まりそう。ワカサギ釣りは遊漁券が必要です。乙津川〜日吉原公共ふ頭にかけて、タチウオが上向き。11月に入ってようやく接岸しているタチウオに食い気のスイッチが入った模様。詳細は30、31 ページにて。リアクションバイトが鍵。坂ノ市一文字では、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。泳がせやジギングの青物の反応が濃く、連日良型のハマチやサワラが上がっている。青物狙いは今がチャンス。11日は90cm級のブリサイズも上がった。際ではカワハギも多いので、コチラを専門に狙うのも面白い。また、マダイの魚影も濃く、4日は80cmが出ている。エギングや泳がせのモイカも順調で、良い人で軽く2 ケタ。秋の一文字が面白い。佐賀関方面では、エギングのモイカにスレが見られるようになっており、これからは泳がせが有利な時期になる。エサとなるゼンゴは確保しやすいので、サビキで十分な数を釣ってから臨もう。サビキのゼンゴは、金山港、白木港、小黒港などがオススメ。エギングでも釣れなくはないので、潮の状況を見極めて竿出しするのもあり。佐賀関の半島先端方面では、青物の魚影も濃いのでジギングも楽しめる。


臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・オナガ・青物・ハタ

臼杵フェリー乗り場導流堤では、サヨリが続釣中。少し数が少なくなっているものの、もうしばらくは釣れそう。港内ではメッキアジの群れもある。サビキやカゴ釣りのゼンゴ・アジは板知屋港や風成港がオススメ。25cm級が良い人で20匹以上。マルアジも交じるが、マルアジもサイズが良くて楽しめる。どちらかと言えば板知屋港の方が数が出ている。風成港は一部で工事をする話もあるので、状況を見て無理な竿出しは控えよう。メタルジグでカマスの群れがぽつぽつ。これを追って青物の魚影も濃くなっている。エギングのモイカは300 〜 500g主体で順調。これからは泳がせも良い。津久見方面では、フカセのチヌが続釣中。潮次第で大型が出る。北風が強くなる時期なので、これからは長目半島の伊崎港や浦代港がオススメ。日見港〜江ノ浦港にかけて、サビキのゼンゴ・アジが続釣中。朝まずめはホゴなど根魚のアタリも多い。四浦半島では青物とモイカが続釣中。モイカは時間や場所によって全くアタリが出なくなるので、ランガンが基本。夜釣りの場合は、近隣の住民の迷惑にならないように無断駐車や騒音を控えるように。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・キス・ハタ・青物

今週あたりから気温の方が一気に下がりそう。ただ、水温は未だに高めを推移。鶴見半島ではエギング・泳がせのモイカが続釣中。徐々に泳がせに分が出ている。サイズは300〜 800g級主体。地松浦港、羽出港などでサビキ・遠投カゴのアジがぽつぽつ。日ムラがありながらもまとまった数釣りが楽しめる。フカセのメイタ・チヌは状況次第で良型の数釣り。散発的に50cmオーバーも出る。イカダでは蒲江ではボートや筏でモイカが順調。アカハタ、カワハギ、マダイ、クロなど魚種が多いのもこの時期ならでは。数釣りを楽しみたいのであれば、蒲江のイカダ釣りはかなりオススメ。磯釣りは本格的に秋グロ開幕。場所ムラがありながらも、良い人で40cmオーバー。10月に比べると数釣りもできるようになっており、気候的にも今が一番釣り易い時期。


つり太郎WEB内を検索

バーコード