TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2019年1月11日(金)更新

中津方面

チヌ・タケノコメバル・ワカサギ

豊前市の宇島港や吉富港などでは、フカセのメイタ・チヌが続釣中。30 ~ 35cm級主体で、40cmオーバーも交じって楽しめる。テトラ周りのメバリングやブラクリで、ホゴやタケノコメバルなど根魚の魚影が濃く、お土産に持って来い。テトラからの竿出しは、足元に十分注意し、ライフジャケットの着用は必須。中津港では、寒波の影響で竿出し難い時期だが、今年は比較的穏やかな日が多い。正月明けの土日は、のんびり釣りをできた模様。フカセのメイタ・チヌを中心に、西波止では投げ釣りのカレイやキスが散発的にヒット。山国川河口ではボラの引っ掛け釣りも順調。ボラは午前中の竿出しが吉。日田の大山ダムでは、ワカサギ釣りが続釣中。日ムラがあるものの、まとまった数が出る日もあるので、連日通って確認したい。


豊後高田〜国東方面

スズキ・チヌ・カレイ・メバル

年明けの国東半島は、投げ釣りのキスやカレイが続釣中。年々カレイのアタリが減っているので、15cm以下の個体はリリースを願います(大分県では15cm以下のマコガレイの採捕は禁止されています)。夜釣りの外灯周りでメバル(タケノコメバル含む)やソイが続釣中。今の時期は数より型狙いで楽しめる。ゼンゴの群れが入ることもある。長崎鼻、香々地港、熊毛港、国東港などでフカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。時期的に底付近でのアタリが多いので、半遊動で一気に底まで落とす仕掛けが効率的。寒さで体力も奪われがちなので、マキエワークと合わせて短時間で釣果を稼ぎたい。国東沖では青物やタチウオが続釣中。ヤズ・ネリゴ・サワラの群れが入っている。年が明けて竹田津沖ではクロソイやメバル、アラカブなどの根魚も上向き。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・青物

八坂川河口では、シーバスが続釣中。今年は水温が高いこともあり、年明けもぽつぽつとアタリがある。ルアーでは他にもマゴチやヒラメが散発的にヒットする。安岐港や美濃崎港では、夜釣りのメバル、ホゴが上向き。まとまった数が出る日もあるので、足繁く通って数を稼ごう。大神漁港や深江港、日出港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。30cm級主体だが、日によっては40cm級もかなり釣れる日がある。北風が強い日は日出港が風裏になるのでオススメ。亀川漁港~国際観光港にかけて、外海に向けての釣りは厳しい時期になった。港内に向かってのサビキのゼンゴ、フカセのクロ、メイタ釣りがオススメ。水温が上がってくる午前中に活性が高くなる傾向。別府一文字では、フカセのクロ、チヌ、ブラクリのホゴ、カゴ釣りのアジなど12月からの好釣をキープしている。特にオススメはクロ釣り。まとまった数が出ているので、初心者にもオススメ。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・青物・ワカサギ

西大分~5号地テトラにかけて、外海に向けての遠投で青物が続釣中。青物は大分市内全域で好釣で、大分川・大野川~日吉原公共ふ頭にかけてジグや泳がせにヒットする。特に多いのがサワラ、そしてハマチ。また、大型のマダイが回遊しているので、これもルアーの対象になる。詳しくは6 ~ 7 ページの「タチウオハンター風来坊」にて。大分川・大野川では夜釣りのルアーにスズキが続釣中。年末年始も良型が出ている。また、河口では投げ釣りのキスが続釣中。25cm以上の落ちギスが釣れる。大在公共ふ頭では、この時期に最適な砂置き場からの竿出しで、メイタ・チヌがぽつぽつ。坂ノ市一文字では、ジギングや泳がせの青物が続釣中。12月24日はメーター超えのサワラ、27日は83cmのブリが出た。他にもカワハギやホゴなどお土産の確保ができる魚種も多い。佐賀関方面では、金山港周辺でサビキのゼンゴ・アジが続釣中。エギングのモイカはかなり厳しい時期ながらも、泳がせでぽつぽつ。日が落ちてから夜釣りでアタリが増えるため、防寒対策をしっかりとして、粘りの釣りをしよう。関崎方面では青物の魚影が濃く、ジギングでハマチやサワラなどが釣れている。ただし、北風が強い日が多くなっているので、十分に注意して無理な竿出しは避けよう。


臼杵〜津久見方面

チヌ・クロ・アジ・青物・モイカ

臼杵フェリー乗り場では、導流堤から投げ釣りで落ちギス、カレイがぽつぽつ。サビキのアジは20~ 23cm主体で続釣中。アジは板知屋港や風成港でも良く釣れている。また、板知屋港では年末年始にカマスが絶好釣。35cmほどの良型が多く、中には40cm級も交じるとあって賑わいを見せている。これを追って青物の魚影も濃い。そのため釣り場にゴミが散乱し始めているので、釣りをする際は「来た時よりも美しく」の精神で、次に繋げる心がけを持って欲しい。また、風成港も工事の影響で竿出しできる場所が限定されているので、状況を見て正しい判断で竿出しを。夜釣りではメバルやクロソイの型がアップしており、ストラクチャー周りを探って釣果を出したい。これから更に上向いて来ると思われるので、まだ釣ってない人はそろそろ出掛けてみよう。エギング・泳がせのモイカが続釣中。コチラもサイズがアップしており、上手く釣れば2 ケタもあり得る。津久見方面では、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。地磯周りはクロの魚影も濃い。江ノ浦港や福泊港ではアジの魚影が濃く、朝・夕まずめにカゴ釣りやフカセなどで20~ 35cm級の良型が上がる。青物の魚影も濃く、四浦半島周りでハマチやサワラなど。モイカは500g以上の良型が多くなり、これからは数より型狙いの時期。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・アジ・青物・モイカ

大入島では、エギングや泳がせのモイカが続釣中。フカセのメイタ・チヌも沖波止を中心に良型が出ている。寒の時期に入っているので、佐伯湾のアジが脂が乗って最高の時期。鶴見の地松浦港、敷場港、猿戸港などでサビキのゼンゴ・アジが順調。モイカのエギンガーも多いので、竿出しの際は周辺に気を付けること。北風が強い日は、風裏となる米水津方面がオススメ。また、蒲江のイカダではモイカが好釣。これから3月にかけて、蒲江のモイカがオススメ。磯の方はいよいよ寒グロが本番を迎え、釣技が必要とされる時期になって来た。とは言え今年はまだ水温が高く、まとまった数釣りもできる。40cmオーバーの多発しているので、初心者・ベテランを問わず磯釣りが面白い時期。年が明けても釣れるのは、ここ近年では珍しいので、今のチャンスを逃さないようにしておきたい。


つり太郎WEB内を検索

バーコード