TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2020年5月29日(金)更新

中津方面

チヌ・コノシロ・キス・アユ

中津港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。徐々に水温が高まっており、エサ盗りが増えつつある。とは言え、まだ釣り易い状況なので、フカセの練習には持って来いの時期。基本的に30~35cm級主体で、散発的に40cmオーバーも出る。余裕のある人は、赤灯台や沖一文字へ渡って瀬渡しも良いだろう。そろそろ梅雨入り宣言も出そうなので、今のうちに竿出ししておこう。緊急事態宣言が解除されたとは言え3密を避け、できる限りマスクを着用して予防しよう。港内では、サビキのカタクチイワシやコノシロがぽつぽつ。西波止では投げ釣りのキスが上向き。20日は例年通り日田の三隈川でアユが解禁。こちらも3密を避けての釣りとなるので、事前に釣具店などで遊漁券を購入して臨もう。


豊後高田〜国東方面

チヌ・メバル・セイゴ・キス

呉崎干拓地や国東半島一帯の砂浜では、投げ釣りのキスが上向き。日によって午前中が良かったり、午後からが良かったりと潮などの状況にもよるので、足繁く通ってデータを取ろう。ピンギスも含めて良い人で20cm前後が10~20匹。沖でのボート釣りなら更なるサイズも望める。また、投げ釣りができる周辺の遠浅では、ルアーでヒラメやマゴチなどのフィッシュイーターもぽつぽつとアタる。長崎鼻の地磯や波止、熊毛港などではフカセのメイタ・チヌが続釣中。エサ盗りも多くなっているが、チヌのアタリもそれなりに出ている。ツケエは沖アミだけでなく、ムキ身やネリエも持参しておこう。チヌは姫島でも釣れる時期なので、島へ移動するのも手の一つ。メバルは最終盤に入っているが、未だに夜釣りで10匹前後の釣果を出している人も。国東港や武蔵では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。そろそろ渚釣りも楽しめる頃。エサ盗りが活発化しているので、しっかり対策しておこう。ツケエは数種類をローテーションさせた方が、アタリが連続して出やすい。投げ釣りのキスは奈多海岸などで上向き。小型も交じるが、20cm級も釣れている。


杵築〜別府方面

アジ・サヨリ・チヌ・キス

日出港周辺では、サヨリがぽつぽつ。日によってタナが変わるので、釣り場に着いたらすぐにタナを見定めよう。ツケエはできるだけ小さく付けると食い込みが良くなる。マキエを打つことで、ポイントを作りやすくなるので、ジャンボを用意しておくと良い。真那井港や大神漁港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。乗っ込み期に比べるとアタリが少なくなっている傾向だが、本格的な梅雨までに数釣りを楽しもう。週末は雨の予報なので、水温にも影響しそう。状況に応じた仕掛けやエサで挑戦を。投げ釣りのキスは、深江港や豊岡港などでぽつぽつ。そろそろチョイ投げもありな時期。家族にオススメ。亀川漁港では、内向きにおサビキでゼンゴやコノシロがぽつぽつ。外向きでは夕まずめ以降の半夜釣りで中アジが釣れる。国際観光港や新若草港では、フカセのメイタ・チヌが順調。クロも交じる。夜釣りのメバルの数は減っているが、ホゴは順調。別府一文字でも釣れている。今週は一文字の釣果情報が届いていないが、基本的には先週と変わりない。オススメはジギングや泳がせの青物、フカセのチヌなど。


大分〜佐賀関方面

チヌ・アジ・スズキ・キス

西大分港~5号地テトラにかけて、フカセのメイタ・チヌが続釣中。ピークは過ぎた感はあるものの、まだアタリが出るので楽しめる。今からは河口でのチニングもオススメ。夕まずめ以降は、アジやホゴ、メバルなどの根魚のアタリも出る。投げ釣りのキスも上向いているので、短時間でお土産確保に良い。大分川・大野川河口でも、投げ釣りのキスが上向き。オススメは大野川導流堤。収容力もあって、ソーシャルディスタンスもとりやすい。来週の月曜日にはアユが解禁されるので、雨で無ければそれなりに期待ができそうだが…。乙津港や家島周辺では、カゴ釣りのアジ、フカセのチヌ、投げ釣りのキスなど。ルアーでチヌなどを狙うのも面白い時期。大在・日吉原公共ふ頭では、サビキやカゴ釣りのゼンゴやアジがぽつぽつ。これからは夕まずめの涼しい時間帯での竿出しがオススメ。蚊も増える時期なので対策を。砂置き場や細港では、投げ釣りのキスが上向き。坂ノ市一文字では、フカセのチヌ、マダイが続釣中。そろそろ梅雨グロも交じり始めるだろう。アジは夕まずめ以降の半夜釣りでアタリが増える頃。特に縦一文字の水道付近が狙い目。沖では青物の魚影も濃いので、ジギングや泳がせで狙うのもあり。24日は80cmオーバーも出た。佐賀関の神崎漁港、大志生木・小志生木では、投げ釣りのキスが上向き。オススメは神崎漁港内のチョイ投げだが、仕掛けを係留ロープに絡めないように注意して欲しい(それ以外も遊漁船などに迷惑となる行為はしないこと)。金山港や小黒港では、サビキのゼンゴがぽつぽつ。粘ればそれなりに釣果の期待ができそうだが、今の時期は長時間釣るより、時間を決めてできるだけ短時間で切り上げよう。人との接触が少なければ少ないほど感染リスクは防げます。関崎沖では、ジギングで青物が続釣中。

臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・クロ・マダイ

臼杵フェリー乗り場では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。サイズは30~40cm主体だが、先週は51cmも出ている。また、数も良い人で5~10枚と順調。サビキのゼンゴ・アジは、数が少し減ったものの、10~15匹。ただ、コノシロやママカリが少なくなっているので、釣り易い状況ではある。釣り人がかなり多いので、できるだけ距離を保って無理な竿出しは控えること。これは板知屋港、風成港でも同じ事。また、大浜港などでマナーの悪い人が多く、地元の方が困っています。このままでは釣り場禁止になってしまう可能性も高いので、釣っている時、釣った後の行動は各自でマナーを守って釣りをしよう。津久見港から武道館裏にかけて、フカセのメイタ・チヌが続釣中。チヌは長目半島の浦代、伊崎方面でも釣れている。水温が上がり、徐々にタナが浅くなりつつあるので、半遊動で釣っている人は調整をこまめにしよう。また、岸壁の際ではカワハギやホゴなどお土産に良い魚も多い。ブラクリやルアーで狙うのもあり。江崎港など四浦半島方面では、サビキのゼンゴ・アジが順調。特に朝・夕まずめにアタリが多い。半島先端では、ジギングで青物狙いなど。間元港では、そろそろフカセで梅雨グロ狙いもあり。


上浦〜蒲江方面

アジ・チヌ・クロ・キス・青物

大入島や佐伯港周辺では、フカセのチヌが続釣中。すでに腹をスッている個体が多くなっているものの、年無し級も良く釣れている。ぼちぼちエサ盗りが多くなっているので、対策は万全に。鶴見や米水津の各波止では、サビキやカゴ釣りでアジが順調。一時期に比べると食いが落ちているが、潮次第で数釣りが楽しめる。青物やマダイの魚影が濃くなり筒あるので、ジギングや泳がせで狙うのも面白い。投げ釣りのキスは、蒲江の砂浜(元猿海岸や丸市尾など)で徐々に上向き。本格的なサーフはもう少し先になりそうだが、水温も徐々に上がっているので、梅雨前にテスト釣行もしておきたい。沖磯では、梅雨グロの気配が出始めているので、そろそろ様子見釣行をしておこう。


つり太郎WEB内を検索

バーコード