TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2019年1月24日(金)更新

中津方面

チヌ・タケノコメバル・ワカサギ

宇島港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。岸壁でもテトラでも良いが、良型はテトラの方が多い傾向。基本的には30~35cm級が多く、散発的に40cmオーバーがヒットする。アタリが少ない場合は、少し我慢の時間が続く時があるので、根気強くマキエを打ち続けよう。テトラ周りでは、タケノコメバルやホゴ等も釣れるので、ブラクリやソフトルアーを持参してお土産確保をするのもあり。中津港では、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。北風の強い場合は竿出しが厳しいので、無理な竿出しは避けよう。山国川河口など、河川沿いではボラの引っ掛け釣りや、ルアーのスズキがぽつぽつ。アタリが頻繁に出るわけでは無いので、出たら確実に取り込みたい。日田の大山ダムは、年が明けても状況的にはあまり変化が無い。暖冬の影響や周期の影響もあるかと思われる。ただ、釣っている人は20~30匹の釣果を出しているので、それなりにアタリが出る時間帯もある。


豊後高田〜国東方面

チヌ・カレイ・アジ・スズキ

国東半島の豊後高田市寄りでは、投げ釣りのカレイやキス、ハゼが続釣中。今年はカレイのアタリがかなり少ないので、キスやハゼメインになる可能性もある。15cm以下のマコガレイは採捕が禁止されているので、釣ったら必ずリリースをしよう。臼野港~国東港にかけて、各波止ではフカセのメイタ・チヌが順調。通常であれば、かなり水温が下がって活性も下がるのだが、今年は国東半島のチヌの状況が良く、40cmオーバーもぽつぽつとヒットしている。数釣りも楽しめるので、ぜひ竿出しして欲しい。地磯周りや波止の切れ目、テトラ周辺でメバリングによる根魚が続釣中。メバルは大小入り交じっており、12~25cm級とバラバラ。大型は藻に潜んでいることが多いので、少しリスクを負って攻める釣りが必要。ロストしても良いように、ルアーは多めに準備しておこう。また、種類もワーム、プラグ、メタルジグなど数パターン用意しておくことをオススメする。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・メバル

美濃崎港や真那井港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。19日は、美濃崎港(左波止)で最大45cmを含み40cmオーバーが3枚と好釣。今年は県北の寒チヌの調子がよさそう。加貫港など夜釣りの外灯周りで、メバリングによる根魚がぽつぽつ。日ムラがあるので、下準備を万全にしておこう。日出港では、サビキやカゴ釣りでゼンゴ・アジがぽつぽつ。これを追って散発的に青物の回遊があるので、泳がせで狙うのもあり(ただし、少し沖のポイントになる)。亀川漁港や新若草港、別府国際観光港では、フカセのメイタ・チヌ、クロが続釣中。少しずつ数は減っているものの、未だにクロの魚影が濃いので、パン粉釣法などで数釣りを楽しもう。別府一文字では、サビキやカゴ釣りでアジがぽつぽつ。15~23cm級の中アジが交じる。ベイトを追ってハマチやサワラなどの回遊もある。ジギングや泳がせで狙うのも面白い。フカセのクロが続釣中。30cm前後で引きが強くて楽しめる。クロ釣り中はカワハギやウマヅラハギなどのハギ類が交じることが多いので、お土産も確保できて嬉しい。先週あたりからチヌのアタリも増えているので、寒チヌ狙いを専門にしても良さそう。


大分〜佐賀関方面

チヌ・アジ・メバル・モイカ

西大分港や5号地テトラでは、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。日ムラがあり、アタリが出ない日もあるので、その場合はチヌ狙いからアジやホゴ狙いに切り替えるのもあり。フカセ以外の釣具も用意しておこう。チヌは大分川や大野川河口の川チヌを狙うのもあり。意外と上流まで回遊するので、思わぬ大物が淡水域で釣れることも。基本的には満ち潮狙いとなるので、干潮前からの竿出しが吉。特に午前中に干潮が来る日が狙い目となるが、今週から徐々に時間帯がズレて干潮が午後になることになる。潮を読んで出掛けると良い。家島・三佐方面では、カゴ釣りのアジが続釣中。日ムラがあるものの、基本的には朝・夕まずめにまとまった回遊がある。時合いが短いので、周りが釣れ始めたら、タナの調整をシビアにしてアタリを拾おう。アジは大在・日吉原公共ふ頭方面でもポツポツと釣れている。特に夜釣りで良型がアタるので、アジングで狙うのもあり。坂ノ市一文字では、ベイトを追った青物やヒラメの回遊があるので、泳がせが面白い。散発的に大型のアタリが出るので、気を抜けない。フカセのカンダイが最盛期を迎える頃。今年は水温がまだ高いせいか、いまいちパッとしていない状況が続いているが、そろそろ本格的に大型を狙えそう。5号クラスの太い竿で対応しよう。カンダイ以外に寒チヌやマダイもぽつぽつとアタリが出る。佐賀関方面では、カゴ釣りやサビキ、アジングでのゼンゴ・アジが順調。20cmオーバーの中アジサイズも交じるので、サビキではない方が良いかも?エギングのモイカは、アタリが少なくなっているが、泳がせで狙えばまだぽつぽつと釣れる。特に佐志生方面、黒島周辺では良型が釣れる時期。

臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・メバル・モイカ

臼杵フェリー乗り場や板知屋港など、臼杵の海では全体的にゼンゴ・アジが続釣中。板知屋港の内側ではゼンゴサイズの数釣り、外向きでは28cm級の良型アジも出ている。外向きで狙う場合は、犬走りの上からの竿出しとなるので、注意しながら釣りをしよう。仕掛けはカゴサビキの人が多く、テンビンでツケエを付けるのもあり。臼杵港の白灯台では、1本釣りで良型アジも狙える。風成港では依然としてカマスを狙いに行く人も多いが、日によってムラがある模様。釣れる日はまとまった数も出るが、釣れない時は全くということもある。半島の先の方では泳がせのモイカも順調。最近はフェリー乗り場でコウイカも釣れている。まだエギでも狙えるので好きな方で釣ると良い。津久見の浦代港や伊崎港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。クロも交じる。チヌは徐々にタナが深くなっており、時間帯によっては全くアタリが出ない。できるだけマキエを底に溜めて寄せるイメージで釣ろう。津久見港周辺では、チヌ以外にもクロ、ホゴ、カワハギなど。上浦方面のカマスは日ムラが出る様になっている。日によって釣果が変わるが、潮次第でまた釣れる事も考えられるので、足繁く通ってみよう。四浦半島では、モイカ、青物が続釣中。地元の住民の迷惑にならないように竿出ししよう(特に夜釣りは騒音を立てたり、地元の敷地内への侵入は絶対にしないこと)。


上浦〜蒲江方面

アジ・チヌ・クロ・モイカ

佐伯方面では、各波止の港内でサビキのゼンゴ・アジが続釣中。時間帯によってはまとまった数釣りが楽しめる。外向きであれば、たまにサバもヒットする。フカセのメイタ・チヌは、寒の時期とあり、これから乗っ込みまでは厳しい時期。モゾッとした分かり難いアタリが出るので、神経を研ぎ澄ませてアタリを待とう。ただ、アタリそのものが少ないので、集中力が途切れやすい。その辺も含めて臨もう。エギングや泳がせのモイカは、鶴見半島一帯で続釣中。水温が下がりつつあるものの、まだモイカが活発に動ける様子。500g以上の良型も増えているので、食卓に並べるには持って来い。できるだけ人が入っていない竿抜けポイントが良いが、逆を言えば危険な場所でもあるので、細心の注意と無理の無い釣行を。


つり太郎WEB内を検索

バーコード