TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2020年3月27日(金)更新

中津方面

チヌ・タケノコメバル・スズキ

宇島港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。35cm前後が多いものの、散発的に40cmオーバー。時期的に風が強い日もあるので、釣行の前日に調べておいた方がよさそう。テトラ周りのメバリングや穴釣りで、ホゴやタケノコメバルなどの根魚が続釣中。家族やお土産確保に良い。中津港や小祝港では、フカセのメイタ・チヌが順調。日によっては良型も交じり楽しめる。徐々に乗っ込み個体も交じり始めたようだ。河口ではナイトシーバスが順調。基本的に日が完全に落ちてからの釣行となる。日中はかなり気温が上がっているが、夜はまだ肌寒い。防寒対策はしっかりと行おう。日田の大山ダムのワカサギ釣りは最終盤。今月末までの釣りとなるので、まだ釣り足りないと思う人は、最後の週末に賭けよう。


豊後高田〜国東方面

チヌ・カレイ・メバル

国東半島では、依然としてフカセのメイタ・チヌが続釣中。乗っ込み個体も交じりつつ、数釣りも楽しめる。場所ムラ・日ムラがあるので、潮の状況と照らし合わせて、効率良く釣りたい。夜釣りのメバリングで、根魚が続釣中。できれば日中にポイントの状況を探っておきたいので、夕まずめからの竿出しがベスト。暗くなってからでは、底の状況やストラクチャー周りの判断がしづらく、結果的にルアーをロストしてしまう。少しの手間を惜しまずに、その日全体で効率良く釣ることを目指そう。投げ釣りのカレイは終息しつつあり、マコガレイにイシガレイが交じるようになっている。国東港周辺では、テトラ周りのメバルやホゴが続釣中。ルアーでもエサでも釣れるので、好みで選択すると良い。ルアーの場合はプラグも忍ばせておくと、アタリが少なくなった時の対応がしやすい。エサ釣りのツケエはモエビがオススメ。フカセのメイタ・チヌは、40cmオーバーも交じり楽しめる。腹パンの個体も増えて来た。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・メバル

杵築の加貫港や納屋港では、メバリングなど根魚が続釣中。納屋港の方が収容人数が多く、家族にはこちらがオススメだが、強風が吹くと厳しい。風が強い日は避けよう。メバルは徐々に数狙いから型狙いへ移行する時期でもあるので、仕掛けは少し太めを意識する方が良いかも?真那井港や大神漁港では、フカセのメイタ・チヌが上向き。例年であれば数釣りは厳しい時期だが、今年はそれなりに釣果が望める。サイズもアップする時期なので、大型にも期待。アワセのタイミングを逃すとバレ易くなるので、ラインや穂先に集中して狙おう。日出港では、港内でのサビキでゼンゴ・アジが続釣中。時間帯によっては、まとまった数釣りができる。亀川漁港や別府国際観光港では、サビキやカゴ釣りのアジが順調。まとまった数釣りも期待ができるので、家族にオススメ。アジングでの釣果も著しい。フカセのメイタ・チヌは、30cm級の小型主体でぽつぽつ。水温が上がってくればもう少し活性が高まりそう。別府一文字では、サビキやカゴ釣りでアジの数釣りが順調。良い人で17~27cm級が50匹以上とかなり釣れている。アジの数釣りを楽しみたいのであれば、断然オススメ。アジ以外にフカセのチヌ、穴釣りでホゴなどが順調。チヌは40cmオーバーも頻発している。また、22日は58cmのキジハタも上がっており、思わぬ大物が釣れて楽しめる。


大分〜佐賀関方面

チヌ・アジ・メバル・カンダイ

西大分港~5号地テトラにかけて、フカセのメイタ・チヌがぽつぽつ。水温が下がり切っている時期なので、動きは鈍いが釣り方次第で大物も。基本的にはマキエを多めに入れて、時間をかけてチヌを寄せることが肝要となる。ゴールデンウィーク前には良型の数釣りも楽しめるようになるだろう。テトラ周りでは、メバル、ホゴ、アイナメなど、根魚のお土産が確保できる。大分川・大野川河口では、ルアーのスズキが上向き。徐々にランカーサイズも釣れるようになってる。ただし、専ら夜釣り専門。日中で釣れ始めるのは、もう少し先になるだろう。乙津港や家島・三佐周辺では、フカセやカゴ釣りでアジが続釣中。20cm級が多く、時間帯によってはそれ以上も釣れる。アジは大在・日吉原公共ふ頭でも続釣中。少し日ムラがありながらも、ぽつぽつと拾い釣りができる。フカセのメイタ・チヌは厳しい時期。水温が上がってくるまでは、我慢の釣りとなる。坂ノ市一文字では、マダイの調子が上向き。フカセやカゴ釣りで狙うと、思わぬ大物が出ることも。際のカンダイ狙いも続釣中。今までにない大物の引きを楽しめる。縦一文字では、水道方面からの竿出しでアジが順調。特に夕まずめにまとまった数釣りが楽しめる。4月からはナイターも始まるので、準備を。神崎漁港や佐賀関半島の地磯周りでは、メバルが続釣中。25cmオーバーもぽつぽつと見られるようになって来た。4月末までは大型狙いで楽しみたい。大型はすぐに根に潜る傾向が強いので、慌てて強引に引くとラインが切れてしまうので注意。金山港では、港内でサビキのゼンゴが続釣中。時間帯によっては入れ食いでかなりの数釣りが楽しめる。アジ寿司や南蛮漬けに持って来いのサイズ。釣り続けていれば、20cmオーバーも散発的にヒットする。

臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・メバル・モイカ

臼杵フェリー乗り場では、依然としてアジが好釣。三連休も家族連れで賑わいを見せており、30cm級の良型を30匹以上釣った人もいる。日中はコノシロも交じり始めた。他にフカセのチヌも順調で、徐々にサイズアップしている。板知屋港や風成港では、カマスが続釣中。午前中は釣れなくても、夕まずめから急にアタリが出たりと、潮次第で状況は変わる。良い人は軽く20匹以上。型も30cm級は持ち帰り用、それ以下はそのまま泳がせ用にしても良い。カマスの泳がせでブリが続釣中。津久見港周辺は、フカセのメイタ・チヌが上向き。徐々に乗っ込みの大型も釣れるようになっている。狙い目は浦代港や伊崎港など、長目半島方面。津久見ICからすぐなので、高速を使って行くのも良い。日見港、江ノ浦港ではカゴやフカセでアジが順調。特に夕まずめは30~40cm級の良型も交じり、十分な引きが楽しめる。また、午前中はテトラなど影の部分での穴釣りでメバルやホゴが続釣中。30cm級の良型が釣れることも…。モイカは最終盤(本誌では4月1日以降の写真掲載は自粛しています)。


上浦〜蒲江方面

アジ・チヌ・クロ・モイカ

大入島では、フカセのチヌ、メバリングの根魚が続釣中。チヌは佐伯港や鶴見半島の大崎港、二又港でも上向いている。桜の開花と共に鶴見湾内で期待が高まりそう。チヌに交じってアジの回遊もあり、30~40cm級も多いので、アジがアタったら、お土産狙いに切り替えるのもあり。大型の時合いは長くは無いので、釣れる時に釣っておこう。エギングや泳がせのモイカは、鶴見半島の各波止や地磯周りで続釣中。大型も出やすい時期となっており、記録更新に期待ができる。蒲江の乗っ込みチヌ狙いは、いよいよ本番を迎えており、例年の如く大物チヌ釣り師がこぞって向かっている。先週は57cm、3.7㎏の大型も出た。


つり太郎WEB内を検索

バーコード