TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2019年2月15日(金)更新

中津方面

チヌ・タケノコメバル・ワカサギ

豊前市の宇島港では、フカセのメイタ・チヌが続釣中。30cm主体で、40cmオーバーもチラホラ。朝晩の冷え込みで水温が低下しているので、発電所横の温水が出る周辺が狙い目。マキエを多めに打って集魚しよう。際のテトラ周りでは、タケノコメバルやホゴなどの根魚が続釣中。気軽に狙えるので、短時間だけの釣行でもOK。夕まずめ以降の日が落ちてから良型が増える。中津港では、新波止からのフカセでメイタ・チヌがぽつぽつ。釣具店「えびすや」にて、恒例の「チヌ釣りダービー」が2月9日よりスタート。エサでもルアーでも良いので気軽に参加できてオススメ。受付など詳細は店頭にて。風向きによっては竿出しが困難な場合があるので、真下に仕掛けを落として根魚を狙うのもあり。良型のタケノコメバルがぽつぽつ釣れている。山国川河口では、ボラの引っ掛け釣りが順調。午前中から日が昇る時間帯にアタリが増える模様。日田の大山ダムでは、ワカサギが続釣中。今年は例年よりも数が出ないようなので、ひと工夫が必要か?釣れる時間帯を見極めて、短時間の竿出しするのもあり。ワカサギ釣りは遊漁券が必要です。事前に釣具店などで購入してから竿出しをすること。


豊後高田〜国東方面

チヌ・カレイ・メバル

国東半島では、フカセのメイタ・チヌが少しずつ上向き。まだ乗っ込みには早い時期だが、アタリは増えているので、乗っ込みも視野に入れてタックルを準備しておくと良いかも。オススメは長崎鼻の地磯、香々地港新波止、熊毛港など。チヌが釣れない時は、根魚狙いでメバリングタックルを準備しておくと、お土産を確保しやすい。本格的にメバルを狙うのであれば、断然夜釣りに分がある。寒さが厳しい時期だが、それなりの価値があるので、防寒対策をして竿出ししてみよう。投げ釣りのカレイ、キスは散発的なアタリでぽつぽつと拾い釣り。15cm以下のマコガレイは採捕が禁止されています。釣れた場合は、必ずリリースしましょう。国東港周辺では、フカセのメイタ・チヌが上向き。テトラ周りのメバルは、15~25cm級が良い人で3~10匹。日ムラがあるので潮の状況や水温、当たりのルアーなど、その時の変化に柔軟に対応して釣果を伸ばしたい。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・メバル

北風の厳しい時期なので、オススメはテトラ周りの根魚狙い。日中でも当たりはあるが、良型狙いであれば夜釣りがオススメ。昼間に海中の様子を観察しておくと、いざ夜釣りの時にどこを狙えば良いか把握しやすい。楽に釣れるものでは無いので、探究心や努力が必要。真那井港や大神漁港では、フカセのメイタ・チヌが上向き。特にこの時期は深江港にかけての水道でチヌが釣り易い。日出港では、新波止~尖港にかけて、サビキのゼンゴがぽつぽつ。朝・夕まずめにアタリが増えるので、防寒対策をして竿出しを。散発的に25cmオーバーの中アジも釣れる。亀川漁港では、外海のテトラからのカゴ釣りでアジが順調。際狙いでホゴやメバルなど根魚が続釣中。足場に注意して竿出ししよう。国際観光港や新若草港では、フカセのメイタ・チヌが上向き。徐々にサイズがアップしている。まだクロも釣れるので、状況に応じて釣り分けても良い。別府一文字では、渡船可能な日はフカセのメイタ・チヌ・クロ、カゴ釣りのアジが順調。チヌは25~40cm、クロは25~30cmと良型交じりで楽しめる。未だに青物の魚影もあるので、ジギングや泳がせで狙うのも面白い。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・青物・ワカサギ

西大分港や5号地テトラでは、ライトゲームでメバルなどの根魚が順調。アジも交じるので、お土産狙いで楽しめる釣り。大分川や大野川では、河口の寒チヌが上向く頃。川チヌは満ち狙いが基本となるので、干潮からの竿出しがオススメ。浅いタナでの釣りとなるので、ウキ止めの調整をして根掛かり防止を。掛かった時は、海とは違う横引きのヤリトリを楽しめる。チヌは、三佐・家島周辺でも上向き。アジ交じりで良型が釣れる時期。川では投げ釣りのキスやハゼがぽつぽつ。大在・日吉原公共ふ頭では、夕まずめからの竿出しで、アジがぽつぽつ。日ムラ・時間ムラがあるので、アタリが出ない時のために他のタックルも持って入った方が良さそう。際でのカワハギや根魚狙いが手堅い。坂ノ市一文字では、先週に続いて青物が好釣。5日は80cmと90cmのサワラ、70cmのハマチ、6日は86cmのブリなど。泳がせでもジギングでも釣れるので、狙い易い方でOK。また、フカセのカンダイがピークの時期。10㎏近い大物が潜んでいるので、パワーファイトを楽しみたい人は、今がその時。純粋にフカセのチヌ狙いも、そろそろ上向いて来る時期なのでオススメ。佐賀関方面では、神崎漁港や半島の地磯周りでメバリングが順調。20cmオーバーの個体も増えており、数も10匹近く釣れることも。夜釣りの磯周りは足元に十分注意して竿出しを!金山港から一尺屋にかけて、サビキのゼンゴが続釣中。20cmオーバーの中アジも交じる。アジングで狙うのも面白い。アジングの場合は、まずジグヘッド単体で手前を探り、アタリが無い場合は徐々に遠投しよう。遠投する時はスプリットリグが必要になるので、竿を2本持って行くか、重さを調整できる仕掛けで臨もう。


臼杵〜津久見方面

アジ・チヌ・モイカ・カマス・青物

臼杵方面は、先週までと変わらず順調な釣果が出ている。板知屋港では、引っ掛けやジギングでカマスが続釣中。30cm級の良型も交じるので、釣り人で賑わっている。カマスは風成港でも良く釣れている。サビキでゼンゴやアジも釣れているので、釣ったカマスやアジを泳がせて、青物やヒラメを狙う人も多い。場所が混み合っているので、譲り合いの精神で独占は止めよう。また、人が多くなると、どうしてもゴミなどの問題が増えます。釣りを禁止されないように最低限のマナーを守って竿出しをしよう。長目半島側では、地磯や波止からメバルが上向き。徐々に20cm以上の良型が増えており、これからは尺も狙えるだろう。良い人で5~10匹。フカセのチヌは、フェリー乗り場などでぽつぽつ。まだ本格的なシーズンとは行かないものの、一潮毎に調子は良くなりそう。春の乗っ込み前に寒チヌを釣ろう。津久見港周辺は、フカセのチヌやクロがぽつぽつ。チヌはそろそろ乗っ込み個体も交じる頃。様子見釣行をしておきたい。日見港や江ノ浦港では、港内での際でメバルやホゴなど根魚が順調。25cm級の良型が交じるので楽しめる。四浦半島先端では、更に良型も望めそう。エギングや泳がせのモイカはアタリが少なくなっているものの、潮通しの良い場所や藻場周辺で良型が釣れる。泳がせには青物、ヒラメ、マトウダイなどフィッシュイーターも掛かるので、思わぬ大物狙いで面白い。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・アジ・青物・モイカ

大入島では、ルアーのメバルが続釣中。良型も交じり始めており、これから3月にかけて楽しめる釣り。フカセのメイタ・チヌは沖波止などで調子が上がる時期。チヌは上浦方面、佐伯方面、鶴見方面でも上向く頃。佐伯港~鶴見の各波止では、サビキのゼンゴ・アジが順調。特に朝・夕まずめにアタリが増える。日中でもぽつぽつ釣れるが、少し曇っている日の方がアタリが多い傾向。釣ったアジを泳がせて、青物やモイカを狙うのも面白い。今年は泳がせに大物が掛かるので、ぜひ挑戦してほしい(泳がせをする場合は、周りの釣り人への配慮が必要。あまり多くの竿を出すのは控えよう)。蒲江では、イカダでフカセのクロが順調。40cmオーバーも多くて引きを楽しめる。エギングのモイカ、底狙いの根魚やハタ、イシダイなど。2月末には乗っ込みチヌが姿を見せるようになるだろう。


つり太郎WEB内を検索

バーコード