TOP ≫ 防波堤情報

防波堤情報

2018年7月13日(金)更新

中津方面

チヌ・キス・スズキ・アユ

山国川など増水中の河川も、梅雨明けと共に少しずつ水位が落ち着きつつある状況。「雨後はシーバスが釣れる」の通り、各河口でルアーのシーバスが順調。ランカーサイズも交じり、かなりコンディションは良い。ただし、大雨の影響で河岸がぬかるんでいる所もあるので、足元には十分に注意して釣行すること。中津港では、新波止を中心にフカセのメイタ・チヌが順調。赤灯台や沖一文字でも良く釣れている。一文字に渡る際は、日陰となるパラソルを準備したり、水を多めに持って行くなど熱中症対策を怠りなく。投げ釣りのキスは遠投でぽつぽつ。数釣りとまではいかないものの、竿を出せばそれなりにアタリは出るので楽しめる。アオギスが釣れた場合はリリースしよう。


豊後高田〜国東方面

キス・マゴチ・スズキ・チヌ

平成30年7月豪雨によって駅館川や桂川では氾濫危険水位を超えたものの、現在では落ち着きを取り戻した。とは言え、まだ場所によっては危険な区域もあるので、無理な竿出しは控えよう。長崎鼻、香々地港、熊毛港、国東港など、フカセのメイタ・チヌが順調。徐々にエサ盗りが目立ち始めたが、まだ釣り易い時期。梅雨明けして日中でも晴天日和が続くようになるので、これからは武蔵港などで渚チヌ釣りも面白い。投げ釣りのキスは、国東半島全域で順調。まだ遠投した方がアタリが多い傾向にあるが、チョイ投げでも試してみよう。アタリが無くなったら5m間隔で移動して釣果を稼ぐと良い。


杵築〜別府方面

アジ・チヌ・クロ・スズキ

八坂川では大雨の影響も落ち着き、竿出しができるほどに回復。雨後はルアーでシーバスが順調だった模様。汽水域ではマゴチやヒラメなどフラットフィッシュの魚影も濃く、まだ狙える。カケアガリより少し先に仕掛けを投入し、少しずつサビいて来よう。反応が無い場合は、リフト&フォールなどアクションを入れて誘うのもあり。納屋港や深江港などの砂地では、投げ釣りのキスが上向き。10〜20cm級と型にバラつきはあるものの、アタリは多いので楽しめる。クサフグも多いので、仕掛けは多めに準備して途中で無くならないようにしておこう。亀川漁港では、港内のサビキでゼンゴがぽつぽつ。日中はコノシロも多い。外海では遠投カゴに中型のアジ。まずめにアタリが集中するので、朝早くか夕方遅くがオススメ。フカセのメイタ・クロは、新若草港や楠港、浜脇港などで順調。別府一文字では、今回の大雨の影響で渡船できない日が続いていたが、今週から再開。フカセのチヌ、クロやカゴ釣りのアジが順調。


大分〜佐賀関方面

アジ・チヌ・キス・ケンサキイカ

西大分港〜5号地テトラにかけてフカセのメイタ・チヌが続釣中。大分川河口付近でも釣れているので、コチラからの竿出しもあり。サビキのゼンゴもぽつぽつと釣れている。大分川・大野川河口では、ルアーのシーバスが好釣。特に雨後は活性が上がり、ルアーを丸飲みする個体も見られたほど。大野川の河口では、投げ釣りのキスも上向き。導流堤など収容力があるので、家族にオススメ。釣って楽しい、食べて美味しいキス狙いはいかが?大在・日吉原公共ふ頭では、サビキのゼンゴや投げ釣りのキスなど、初夏の雰囲気。フカセのメイタ・チヌは散発的ながらもポツポツとアタる。坂ノ市一文字では、ルアーで青物やハタ、ヒラメなどが散発的にヒット。4日には90cmオーバーのブリが出た。フカセのチヌ、マダイ、クロは少しずつ活性も高まっているので、練習に出掛けるのもあり。夜釣りのタチウオはまだ魚影が薄く、これからに期待。神崎漁港では、投げ釣りのキスが順調。港内のチョイ投げでも釣れるので、手軽に楽しめる。キスは大志生木や小志生木の海岸でもぽつぽつとアタリが出始めているので、本格的なサーフはコチラがオススメ。佐賀関の金山港ではサビキのゼンゴ・アジが続釣中。特に夕まずめにまとまった回遊があるので、時合いを逃さずに周りの状況も把握しておきたい。釣れ始めたらできるだけ手返しを早くして数を稼ごう。幸ノ浦周辺では、ケンサキイカがシーズンのハシリ。すでに2ケタオーバーの釣果を出している人もいるので、回遊があるうちに楽しみたい。釣り方はエサ巻きのスッテでもライトエギングでも可能。釣り場が混み合っている場合は、無理な竿出しは控えよう。


臼杵〜津久見方面

アジ・マダイ・青物・イサキ

臼杵川や熊崎川ではポッパーでのチニングが上向き。先週は40cmオーバーも交じり6枚の釣果も聞かれた。ワームでも釣れるので、これからチニングが楽しめる時期になる。チヌは臼杵フェリー乗り場でも順調。メイタ級主体で数釣りが楽しめる。サビキのアジはゼンゴ級が多く、朝まずめには22〜23cm級の良型もアタる。これからは日中の日差しが厳しくなるので、熱中症対策は万全に。サビキのゼンゴは板知屋港や風成港でもぽつぽつ。メタルジグを使ったヒラメやマゴチ狙いも面白い。津久見港周辺では、フカセのチヌが続釣中。エサ盗りがかなり増えているので、エサ盗り対策をしよう。まずはツケエの種類を増やすこと。また、マキエはできるだけまとまりを良くするために、釣具店で事前に混ぜておくこと。そうして作ったマキエを投入する時は、手前にエサ盗りを釘付けにして、沖へピンポイント投入することで、完全にエサ盗りを分断しやすくなる。くれぐれも中間地点にマキエをポタポタと落とさないこと。日見港、網代港では朝・夕まずめにアジの回遊。四浦半島の地磯では、ジギングでヒラスズキやマダイが順調。本格的な夏になる前までが勝負なので、今がラストチャンス。また、フラットフィッシュ(マゴチやヒラメ)も多くなるので、そちらを専門に狙うのもあり。


上浦〜蒲江方面

チヌ・クロ・キス・イサキ

番匠川や市内の中川などでルアーのスズキが上向き。番匠川の上流ではアユ釣りも順調。日ムラがあるものの、15〜20cm未満が良い人で20〜40尾。散発的に20cmオーバーも交じる。投げ釣りのキスが続釣中。仕掛けの回収は早めを意識した方が根掛かりし難い。鶴見の地松浦港〜猿戸港にかけて、サビキやカゴ釣りでゼンゴ・アジが続釣中。日中でも釣れるが、まとまった数釣りは断然朝・夕まずめが有利。時間を合わせて竿出しを。磯では遅ればせながらフカセの梅雨グロが上向き。とは言え、この大雨と台風8号の影響で上礁できない日が続いている。2週間はエサが入っていないので、これから渡る人はチャンス大!大型狙いを楽しもう。蒲江のイカダでは、ロックフィッシュが続釣中。割りとまとまった数釣りが楽しめる。沖ではマダイの活性が高くなっており、大型の数釣りが楽しめている。その他、ハタやカワハギ、投げ釣りのキスも続釣中。


つり太郎WEB内を検索

バーコード