TOP ≫ その他 ≫ 必ず活きるタチウオ講座

必ず活きるタチウオ講座

10月1日、釣具のまつき別府本店にて、「池永祐二の太刀魚釣り講座」が開講された。 クロ釣り名人として有名な池永氏だが、夏にはアジやタチウオ釣りも楽しむ。そんな池永氏が実践しているのが、「全遊動誘い釣法」だ。

池永さんが考えるタチウオ釣りで一番大切な事は、1エサを動かしてやる事(ルアー効果)。2仕掛けを出来るだけ遠くへ飛ばすことである(広範囲を探る)。まず、理由については、「タチウオはフィッシュイーターなので、動かすことが必要」と解説。

測線で水中の魚の動きを感じていると補足のコメントも忘れない。次に大切な仕掛け・遠投については、「通常私(池永氏)は、道糸1・8号で30?40メートル遠投して、タチウオを狙います。だけど、指5?6本級になると初心者はバラす確率もアップするので、2・5?3号クラスから試してみては…。ただし、その分飛距離は出なくなります。また、上級者ほど2号以下の道糸でタチウオ釣りをしてみて欲しい」と解説。道糸の号数を替えるだけで、思った以上に飛距離が出るようです。

このような理論から、池永氏がタチウオ釣りで使用する仕掛けは、図のようになる。また、遠投する時は、3枚におろしたエサのアジ(キビナゴは遠投に不向き)の背ビレ側の皮からハリを刺し、同じく皮側へ抜くこと。身から皮へ抜いては皮の光る部分が見え難くなる。特に腹側の白い部分はアピール度が高い。

このような仕掛けで30?40メートル遠投。仕掛けが馴染み、エサが狙いたいタナまで到達したら、すぐに竿を立てエサを水面際まで上げる(魚が泳ぐようなイメージで)。すると、エサは斜に浮き上がり誘いとなる。再度リールの巻きを止め、エサを落とす。再度巻き始める。つまり下のイメージ図のようにジグザグに手前まで動かしながら、タチウオを狙うのだ。

アタリはリールを巻いている時にも来るが、確率的にはエサを落としている時に来る方が多い。アタリがあると道糸を送る、送るとタチウオは走る。その後走りが止まるので、竿先で聞いてみる。この時にゴツゴツとアタリを感じるのであれば、初めてガツンとアワセこと。

「とにかく動かすことが大切。遠投して出来るだけ動かせば、アタる確率はアップします」とは池永氏が強調したアドバイス。

バーコード