TOP ≫ その他 ≫ イシダイ入門 イシダイ入門

No.1 ≫ No.2 ≫ No.3 ≫ No.4 ≫ No.5 ≫ No.6 ≫ No.7 ≫ No.8 ≫ No.9 ≫ No.10  次へ>>

No.1

イシダイ入門何かと敷き居が高いと思われがちなイシダイ釣り。「釣れないって聞くから面白くない」「動作が少ないので何をやっているのか分からない」。正直、本誌でもそう思っていました。そんな底物釣りを「ゼロ」から覚えてみようというのがこのコーナーの目的。

上物釣り以外にも魚釣りを楽しみた?いという、欲張りな釣り人に向けた企画である。まず、初回はイシダイ釣りの魅力に迫り、大雑把に底物釣りのイメージを掴んでみたい。ナビゲーターは、大分市にイシダイの専門店を構えていらっしゃる上野さん。いろいろな釣りをし、底物にハマッてしまったお一人だ。そんな上野さんに読者に代わってズバズバと底物釣りの魅力をうかがってみました。

イシダイ釣りの魅力とはズバリどこですか?

【上野】=う?一口で言うのは難しいけど、釣れないから面白いのなか?。手持ちで構えて「静」から「動」への一連の動きもたまらないし…。

釣れないから面白いとはどう言う意味ですか?

【上野】=イシダイの個体数は多いはず。だけど頭がいいし、一度ハリの洗礼を受けたヤツは、警戒心も強くなり、ハリを吐き出す。居るのは分かっているけど、なかなかハリに掛けることが出来ない。それらを糸を通して体感できる所かな?。居なくて釣れないのではなく、居ても釣れない難しさ…。

底物釣りと言われるように、ようは底を釣るのだと思いますが、中には「宙釣り」などもあります。具体的にどこを狙っているのか想像しにくいのですが…。

イシダイ入門【上野】=海底はもちろん、足元の岩盤も含めて狙っている。釣り場に仕掛けを落とすことで、周辺の地形をイメージし、釣れる場所を探す。そんな推理ゲームがイシダイ釣りの魅力。上物釣りでも自分の仕掛けがその時の状況に合っているのか、考えながら釣るでしょう。まさに底物釣りでも同じことをやっているのですよ。

先日、フカセのカンダイ釣りの取材をしましたが、「静」から「動」への一連の動きと言えばあれも凄いですよね?。

【上野】=底物でもカンダイ釣りをやるからあれも凄いね?。イシダイ釣りの魅力は、そこに心理ゲーム的なものも含まれるかも知れない…。

と言うと…?

【上野】=大型イシダイになるとそれなりの修羅場を経験しているから、エサを突いても舌でハリを吐き出す。早アワセをすれば、一枚歯に弾かれて掛からない。道糸と竿を通してイシダイの動きを感じながら、ここぞという時にアワセる。そんなイシダイとの心理ゲームがある。

だから大型イシダイは、自分にとって価値があるんですね。

【上野】=そうです。渋いアタリの時は、付けエサを2度、3度と盗られたりします。イシダイとの駆け引きに、心臓はバクバク、アワセと同時に来る猛烈な引き…。デカイヤツには釣り人を夢中にさせてしまう魔力があります。一度ハマるとやめられないですね?。

No.1 ≫ No.2 ≫ No.3 ≫ No.4 ≫ No.5 ≫ No.6 ≫ No.7 ≫ No.8 ≫ No.9 ≫ No.10  次へ>>

バーコード