TOP ≫ その他 ≫ カワハギ釣りの極意!?

カワハギ釣りの極意!?

カワハギ(マルハゲ)は、エサ盗り名人と呼ばれるように貪欲に付けエサを補食する反面、そのオチョボ口で巧みに付けエサだけを盗る。普段は海底の砂の中からゴカイなどを食べているため、比較的下向きで食べることを好むようだ。

よって、カワハギ釣りに要求されることは「まとめ」の中に集約される。この日のカワハギは、潮が流れると食い渋ったものの、潮が緩い時は、常にアクションを加えている釣り人(竿)にアタリが集中したようだ。この常に動かすといった誘いは、カワハギの仲間同志の競争心を煽るとともに、付けエサを食べたいという欲望を増幅させる。そのため、普段なら用心して食べる付けエサに、一気に飲み込みにかかる食い方を誘発しやすくなる。それによってアタリが出やすい、掛かりやすい、といった図式となるようだ。

カワハギ釣りに要求されることは、とにかく飽きずに竿を動かし続けること。これにより釣果が倍も異なる事もあるので、肝に命じてカワハギ釣りにチャレンジして欲しい。

次に難しいと思われるのが、アタリではないだろうか? ただでさえ「エサ盗り名人」と言われるだけに、巧みに付けエサだけをかすみ盗ってゆく。そんなカワハギを釣るには、2種類のアワセが必要なようだ。

この送り込みとは、文字通りアタリの後、仕掛け全体を送り込むことによって、本食いを誘い、完全に飲み込ませる釣り方だ。カワハギの活性の鈍い時は非常に有効で、特に競って食べていない時などには、こういったアワセでカワハギを掛ける。

誘いながらアワセるので、「誘いアワセ」と言われる。仲間同志で競って食べている時には、逃げるように上に上がる付けエサに思わず追い食いして来る。海上では、竿をゆっくり上に上げている状態である。この時「ブルブル」と来てもそのまま上げ続けると、追い食いして来て、そのままハリ掛かりするのだ。また、下げた付けエサにつられて下を向いたカワハギが、付けエサを食わえた時に仕掛けを上げ始め、そのままハリに乗るケースもある。いずれにしても活性が高い時や仲間と競い合っている時に多く現れる釣り方と言えそうだ。

目立つものに非常に興味を示すため、キラキラ光る物や、良く動くものに反応するので、仕掛けはド派手なものでちょうどいい。誘いも諦めずにオーバーアクションで行いたい。待っているようでは、いつまで経っても釣れるはずがない。誘って、誘って、食わせない、食わせない。そして最後に食わせるといったメリハリのあるアクションが釣果のカギを握る。まさにカワハギ釣りは攻めの釣りなのだ。

バーコード