TOP ≫ その他 ≫ ウキの浮力&選び方 ウキの浮力&選び方

No.1 ≫ No.2

No.1

釣り人からよく聞かれるのが「どのウキ(号数)を購入すればいいか分からない」ということだ。近年では000(スリーゼロ)も開発され、ますます一訳が分からない状況。

そこで、今回はこのウキの号数選びについて学んでみようと思う。まずはウキの号数の定義から調べてみることにする。イラスト図を見て欲しい。ウキの号数は、このように0号を基準に仕掛けの重みやガン玉の大きさによって分類されている。では、なぜ、このように多くの号数が必要なのか? そこで、(株)釣研開発部にお話を伺ってみた。

※イラストは半遊動仕掛けの場合ですが、全遊動仕掛けの場合は、最初から釣っていることになります。また、固定仕掛けの場合は、ガン玉とウキまでがピンと伸びた時、ガン玉を打っていない場合は、ウキからハリ&ツケエまでがある程度伸びた時に「馴染んだ」と表現します。

近年、いろいろな釣法があみ出されていく中で、よりシビアな号数が求められるようになりました。現在あるウキの号数の数は、いわば釣り方の種類だけ増えていったとも言えるでしょう。ん?なるほど。でも、釣具店にいざウキを購入しにいくと、いろいろなウキがあり、迷ってしまうのも事実。状況によってさまざまな使い方ができるウキがあるのはいいが、どのウキがいいかの選択が重要にになる訳だ。

再度、(株)釣研開発部に初心者の場合どの号数のウキを買えばいいか尋ねてみた。ウ?、正確に言えば全てのウキが状況に応じて必要になるとは思いますが、あえて、初心者の方にオススメするのはB?2Bの号数のウキですね。ウキの種類は好みなどもあるので好きな形や色から始めるのがいいと思います。B?2Bの号数のウキであればどのウキでもいいと思いますよ。初心者が初めて釣りに行かれるケースは、断然波止釣りが多いでしょう。また、道糸の操作も分からないでしょうから、ハリスにガン玉を打って仕掛けがちゃんと入って行く(落ちて行く)浮力のあるウキがベターだと思います。

なるほど、仕掛けがちゃんとタナ(魚が遊泳している層)まで落ちなければ、エサも食べられない、つまりハリにも掛からない訳だから、まずは仕掛けを落とすことを重点に置くということか…。その後、釣り慣れればおのずと使いやすいウキも出てくる。もし、Bのウキを使用していて、エサは盗られるけど、アタリが出ないという場合には、号数を落とせばいいし、なかなか仕掛けが入らない(流れが速い)という時には、ウキの号数を上げ、ガン玉を打って釣ってみるということが必要だろう。突き詰めて考えれば、ウキの号数とタナの関係は微妙な関係なのである。

ウキの号数が小さければ、深いタナにツケエを沈めることはかなり技術がいることだし、逆に号数が大きければ、微妙なアタリが取りにくい場合もある。自分のレベルと当日の状況によって、ウキの号数選択も大きく変わってきそうだ。例えば、本誌で『タナは○ヒロで釣れた』など掲載するが、同じ釣り場で同じタナでも、状況によってウキの号数は違うということだ。ウキの号数表を参考に、その日の潮や魚の動きに合った号数を選ぶことになる。ということは、ウキの種類を多く持っているほど、その日に合うウキを選ぶことができる訳だ。ただし、財布は寂しくなるが…。

※赤文字は(株)釣研開発部のコメント

No.1 ≫ No.2

バーコード