TOP ≫ その他 ≫ イカダ案内

佐賀関一尺屋下浦沖のイカダ

船 名 連絡先 料 金 H P
海千鳥 090-1160-5555 一人 2,000円 http://www17.plala.or.jp/umichidori

佐賀関に唯一存在するイカダ。2003年の晩夏には、体長40センチオーバーのサバが一人40本以上も上がり一躍脚光を浴びたイカダであるが、基本的には春と秋のマダイ釣り、夏場のダゴチン釣りがメインとなる。

イカダの左側に消波ブロックが入り、チヌやサンバソウ、メバルなどの巣となるため、ダゴンチ釣りでの数釣りには定評がある。また、マダイ狙いでは、反対の養殖イケス方向へ向かって流れる潮に乗せると1〜5キロクラスの大型マダイがヒット。秋には40〜50センチのシマアジも回遊するため、美味しい目にあった常連客が多い。イカダの真下で水深13〜15メートル。真冬には良型マルハゲの数釣りが楽しめる。ただし、赤土は禁止。

臼杵市津久見島沖の舟掛かり釣り

船 名 連絡先 料 金 H P
月見島観光開発 0972-66-5555 一人 3,000円 http://tsukimishima.web.fc2.com/

臼杵市大泊港から出港する「月見島観光開発」では、臼杵湾に浮かぶ津久見島沖で舟掛かり釣りを楽しませてくれる。臼杵湾のチヌ、マダイの乗っ込み場として知られる津久見島だけに、ダゴチン釣りはもちろん、全遊動のフカセ釣りなども楽しみ方もいろいろ。

季節によっては体長40〜45cm級の大アジや良型モイカ(アオリイカ)なども狙える。周辺は藻場が多く魚影の濃さは県内でも上位ランク。もちろんポイントは藻が少ないところを選んでくれるが、取り込みには細心の注意を払っていないと、藻へ逃げられる可能性もある。

津久見市楠屋鼻沖のイカダ

船 名 連絡先 料 金
龍栄丸 0972-82-1502 一人 3,000円

巨チヌを求めるならこの楠屋沖。養殖イカダのブイに船をロープで留める掛かり釣りとなるが、水深30〜40メートルとあるので、とにかく釣れる魚のサイズが一回り大きいのが魅力。巨チヌを求めるダゴチンファンは、遠くは熊本市内からも押し掛ける。

エサ盗りのハゲ類がいなければ、巨チヌが2ケタと言わず上がるため、春の乗っ込みシーズンにはこぞって狙う。また、60〜80センチ級のマダイが同じダゴチン仕掛けにアタッて来るし、初夏には、ガラアジ(40〜50センチ級のマアジ)の数釣りも楽しめる。ほぼダゴチン釣りの釣り人しか通っていないが、冬場のハゲ釣りでも有名。年がら年中ダゴチン釣りが楽しめる突飛な釣り場と言えるだろう。

佐伯市蒲江猪串沖のイカダ

船 名 連絡先 料 金 H P
真珠山本釣り筏 0972-42-1437 一人 1,000円〜 http://turi.saiki.jp/index.html

イカダ釣りでは、チヌ・アジ・クロなどが釣れるほか、エギングも楽しめます。桟橋のイカダは歩いて渡れるので、家族連れでも安心。

猪串湾内の筏釣りでは大型チヌ&マダイの実績がある。近年は屋形島沖の碇固定釣り(一人:5千円)のクロ狙いが人気。冬場には、モイカの魚影が濃い。

蒲江町名護屋鼻沖のイカダ

船 名 連絡先 料 金
(有)ヒダカ水産 0972-44-0207 一人 3,000円

ゼンゴ(アジ子)の生きエサ販売中で有名なヒダカ水産所有のイカダがここである。名護屋鼻に近いため、秋から冬にかけての泳がせ、ヤエン釣りのモイカ(アオリイカ)釣りでは、大分県内で一番数釣りが楽しめるイカダ。春には2キロオーバーも狙える。

また、梅雨グロシーズンにはイカダ周辺でもフカセ釣りが楽しめ、35センチオーバーのクロも狙えるのが面白い。夏には投げのキス、秋からは再度モイカ釣りが楽しめ、なにより船着けでエサが購入できるメリットも嬉しい。また、イカダから磯へ、磯からイカダへの瀬替わり(?)もでき、しかも料金は一緒だと言うからたまらない。


バーコード