TOP ≫ その他 ≫ 偏光グラスって本当に必要なの? 偏光グラスって本当に必要なの?

これから迎える釣りの本格的なシーズンを前に、「今年こそ偏光グラス」を購入しようと思っているアナタ。まずはこの記事を読んで購入のポイントやカラーチョイス、ひいては本当に必要なものなのかを考えてみたい。まずは、実際に使用している方々の“生の声”をチェック。

Sさん(船釣り師)=私は船釣りしかしないので、あまり偏光グラスには興味がありませんでしたが、1日波を見ていると帰りに目が疲れてグッタリすることが多々ありました。偏光グラスをかけることでそんな目の疲れは感じなくなったのが嬉しいです。

Iさん(鮎師)=川面は意外とギラギラします。特に瀬は天候、濁り具合などによって目印やラインが見えにくい日があります。そんな時に偏光グラスをかけると一発で目印が分かるので重宝しますよ。また、アユのハミ跡のチェックも出来ますしね。

Wさん(上物師)=基本的に磯釣りにはなくてはならないアイテムだと思います。撒きエサや付けエサの流れる方向、エサ盗りの状況、仕掛けの沈み具合など、視覚からいろいろな情報を得た上で、次の戦略を考えるのです。また、逆光時などはウキが見にくかったりしたのですが、偏光グラスを使用すればほぼカバ?出来るようになりました。

A さん(エギング)=シーズン当初は遠投が基本になりますので、どこにエギが着水したかは重要です。偏光グラスをかけていれば、まず見落とすことはありません。それから、アタリをラインで取る場合もあるので、ラインの視認性は確保したいですね。時にはモイカの魚影も確認できるので、エギングにも欠かせません。

ここで、大分市パ?クプレイス内にある「OPT MAXメガネの正視堂」にて面白いデータを頂いた。右の円グラフがそれで、これは同店で偏光グラスを購入された方が、どんなカラーをチョイスしたかを表したものだ。圧倒的に多いのが、トゥルービュー・カラー。普段のドライブや釣りにも併用できるメリットがある。また、本格的に釣り専用に購入する方は、「トゥルービュー・スポーツ」または「フォーカス」を購入し、より見える色にメリハリを持たせたいと考えているようだ。

次にある円グラフは、「偏光グラスを購入したことによって気付いたこと」についてのアンケート結果である。本誌としてビックリしたのが、第3位に位置する「光のちらつきがなく疲れない」である。余分な光を抑え、視認性を良くしてくれるのが、偏光グラスの役目であるため、その他の回答は当たり前と言える。そんな中、「疲れない」と答えた方が意外と多かった事実は、それだけ魚釣りというレジャーが、目を使っているのだという裏付けと考えるのだ。

ある釣り人がこう話す。「1日海面を見つめると非常に目が疲れる。それを偏光グラスが抑えてくれ、しかも見やすくなるなら、やっぱりあった方がいいのでは?」。本誌としては、撮影時にアタリが分かりやすいので必携となっていますが…、皆さんのご参考になったでしょうか?

バーコード