TOP ≫ その他 ≫ ブラックバス釣りを考える

No.1 ≫ No.2 ≫ No.3  次へ>>

No.1

※この文章は、2005年に行われたバス釣り愛好家団体と大分川漁協の協議の模様です。

芹川ダムのルールを考える会(以下【会】)=芹川ダムにおけるバス愛好家のマナーの悪さからボート禁止になったと聞きました。それで、有志を集め自主ルールを作成しましたので、ボートの持込を許可していただけませんか?

大分川漁業協同組合・安東組合長(以下【組合長】)=大分川漁協では、毎年ワカサギの卵を1000万粒放流している。これをバスが食べていないと言い切れますか?

【会】=言い切れません。ですから、自主ルールにも遊漁券の購入を設けました(バスは認定魚種ではないので購入する義務はありません)。

【組合長】=専業者がバスボートのマナーが悪いと嘆いていますので、あの看板を掲げさせて頂きました。当組合では、できればバスを駆除して頂きたい。ところが、バス釣りの方々は全てリリースしてしまう。これは譲れませんか?

【会】=キャッチ&リリースが原則の釣りとして普及しましたので、駆除という事はできません。ただ、リリースしたバスの3割は1週間生きないとのデータもあります。できれば勝手なのですがリリースさせて頂きながら、バス釣りを楽しみたいのです。

【組合長】=こんな自主ルールを作っても、芹川ダムには県内外から釣り人が訪れるので、守れない人も出て来るのでは?組合員とバス愛好家のトラブルも絶えない。

【会】=当会及び、釣具店や協力者のHPでルールを周知し、現地でも当会を中心に啓蒙活動を行うよう考えています。現状のままでは、マナーの良い人を遠ざけマナーの悪い人だけが残る危険性があります。

【組合長】=今すぐに承諾は出来ないので、組合の環境取締委員会にかけ、その他守って欲しいルールを話し合いたいと思います。

【会】=当会は、1回の交渉で話し合いが終わるとは思っていません。委員会でご検討して頂き、漁協様と一緒にルールを作成し、芹川ダムのマナー改善を目指したいと考えています。

【芹川ダムのルールを考える会 ?自主ルール?】
1.利用について
・遊漁券を購入する(年券5,000円+船券 1,500円=動力船のみ)(県外は日券購入)
・ゴミ拾いは徹底する
2.マナーについて
・ボートの上下は公園前、法螺貝ともに 午前7時から午後7時まで。公園駐車場 は午後8時までとする。
・車中泊は禁止。アイドリングも禁止。
・スロープ内への駐車は禁止(トレーラー も同様)
※去る2005年6月24日、400人弱の委任状の元、40名で協議の結果出された自主ルール(仮)です。
※大分川漁業協同組合の規定通り、中学生以下及び肢体不自由者は無料となります。

No.1 ≫ No.2 ≫ No.3  次へ>>

バーコード