TOP ≫ その他 ≫ 本誌のスタンス つり太郎

読者の方々から下記のようなお問い合わせがあり、この問題に対しての本誌(週刊つり太郎)のスタンスを掲載致します。

海釣りライセンス制について

愛読者の方より=いろいろなマナー問題に一人で頭を悩ませている一人です。ゴミ、マナー問題などいろいろな問題が堆積していますが、私個人的には海にも川と同様に遊漁券を導入した方がいいのでは? と考えています。全国にさきがけて大分県から始めるといった訳にはいかないのでしょうか?

本誌=「海の遊漁券」といった声も年々多くなっているように思います。私個人的にも奏していただけると非常に嬉しいです。

ところが、ここでもまだ問題があるのです。釣り人と地元との温度差です。釣り人の中には「払って魚釣りが楽しめるのなら、喜んで支払う」といった方も大勢いらっしゃるでしょうが、駐車料金の問題と同じく地元の中には賛成派と反対派があります。つまり誰かが積極的にリーダーシップをとって、その事を声高々に言わない限りはなかなか前に進まない問題なのです。

また、地元だけが「海の遊漁券」と叫んでも強制権がなければどうしようもありません。そこで、県などを交えた解決策を練らないといけないといったことになります。ところが、大分県もまだまだその考えには消極的で、実現には長い年月が必要だと感じます。なぜ、及び腰になるのか? それはこういった実体をそこまで把握できていないということと、そういった問題は民間レベルで解決して欲しいといった思いがあるからだと考えます。また、自分の任期のうちにそういった厄介な問題は避けたいといった心情も働いているかも知れません。

つまり、今の現状ではどうすることもできないのです。ジワジワと世論をその方向性に持っていくのが唯一の手段と私は考えております。そういった意味合いからも「海の遊漁券」は大賛成なのですが、実現にはかなり長い道のりが必要だと感じます。

話は変わってしまいますが、水産庁では今年から遊漁(釣り人)をどのように漁業法の中に組み込んでいくかを考え始めました。昭和30年頃に作られた漁業法を未だに修正しながら使用しています。よってメインは漁業者のための法律で釣り人のための項目はほとんどありません。そんな法ができた時代と今は明らかに異なりますので、当然ズレが生じるのです。そのズレで私たち釣り人と地元住民がせめぎあっているといった状態が今の現状だと考えます。

いただきました提案は、非常に大賛成です。そして大多数の釣り人が納得する意見です。ところが実現には程遠いといった事情が少しでも分かっていただければ幸いです。

そういった難しい問題を抱えているのが今の魚釣りですが、まずは四浦半島などのモデルケースを作り、そこから地道に運動を拡げて行くことが必要だと感じます。大分県もモデルケースがないとなかなか重い腰を上げることが出来ないのです。そのためにも、皆様一人ひとりにこういった問題に目を向けて頂き、いろいろな案を出して頂きながら、裏で議論していくことが今後はもっと必要だと感じます。

バーコード