TOP ≫ column-TOP ≫ Cooking 釣り魚レシピ

Cooking

釣り魚を使った料理をご紹介

記事一覧

ゴンズイの味噌汁

釣り上げたゴンズイは、素手で触らず、タオルなどで押さえ付けること。背ビレや胸ビレの棘をハサミで切っておくと安全です。※ゴンズイの毒は死んでも効力があります。その後、ゴンズイの頭を落とし、ハラワタを取り除きます。ヌメリは塩もみして取り除き、ぶつ切りに。軽く塩を振って、しばらくおくと、余分な水分がとれます。鍋に水を入れ、沸騰する前にゴンズイの身を投入。沸騰してアクを取り除いたら味噌を入れて完成。ゴンズイの旨さに驚愕するはず。

スズメダイのコチュジャン和え

釣り上げたスズメダイの頭とハラワタを取り除き、小型の魚なので、そのままぶつ切りにし、背ごし風に切り分けます。大きなスズメダイの場合は、3枚におろして身だけにします。コチュジャン/ 大さじ2、砂糖/ 大さじ1、しょうゆ/ 小さじ1、酢/ 大さじ1、すりゴマ/ 大さじ2、ごま油/ 小さじ2 を混ぜ合わせたものと、スズメダイの身を混ぜ合わせます。キュウリなどを混ぜ合わせるとより美味しくいただけます。暑い夏に最適な料理です。

アカハタの味噌汁

釣り上げたアカハタを3枚におろしたあと、残ったアラ(頭や骨など)を使ってお味噌汁を作ります。鍋に水をいれて沸騰させた後、残ったアラを全部投入して、グツグツ沸騰しない程度の火加減で煮込みます。煮込んでいくとアクが出てくるので、これを取りながら更に煮込みます。ある程度アクが出尽くしたところで、味噌を入れ、溶かしながら味を整えます。最後に小ネギの千切りを散らせば完成。器に持って頂きます。美味しい出汁が出るやめられない味です。

コトヒキの唐揚げ

白身の魚で美味しい部類に入るコトヒキですが、内湾や汽水域に生息することから、場所によっては臭みが出る場合もあります。よってお刺身でも食べられる魚すが、オススメは唐揚げです。釣り上げたコトヒキの頭、ハラワタを取り除き、3枚におろします。塩を振って余分な水分を取り除くと、臭みも気にならなくなります。それからウロコが付いたまま皮を剥ぎます。血合い骨を取り除いたら、から揚げ粉につけて180度の油でサッと揚げます。あっさりと美味しい魚です。

マダイの白子酢

今年はマダイの産卵も遅れているようです。個体によってはまだ白子を持っているマダイもいるので、そんな時にはぜひチャレンジしてほしいレシピです。マダイの腹を捌いて、白子を丁寧に取り出し洗います。その後、30分ほど水に漬けて血抜きをします。ボウルに氷水を作っておっき、白子に熱湯をかけてすぐにボウルに入れて冷やします。アラで作った出汁に、米酢、スダチ、しょう油を適量加え、薄味に仕上げます。食べやすい大きさに切り分けた白子に和えて完成。さっぱりした味わい。

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード