TOP ≫ column-TOP ≫ Cooking 釣り魚レシピ

Cooking

釣り魚を使った料理をご紹介

記事一覧

ブリの黄金照焼

新鮮なブリはお刺身などで頂けますが、余った身を照り焼きにするのもオススメです。釣り上げたブリの頭、ハラワタ、ウロコを取り除き、3枚におろします。それから酒/ 大さじ2、醤油/ 大さじ2、砂糖/ 大さじ1、みりん/ 大さじ1 の割合でタレを作ります。フライパンに油としょうがを入れてから火にかけ香りがたつまで炙ったら、ぶりの切り身を入れ、両面焼いてから蓋をして蒸し焼きにします。それから、蓋を開けてタレを入れて、たまにひっくり返しながら汁気が半分くらいになるまで煮絡めたら完成です。

ネリゴのカルパッチョ

夏になると各地でお目にかかるネリゴ(カンパチの幼魚)。ヤズ(ブリの幼魚)とは異なり、小さくても適度な脂が乗って美味しい魚です。プリプリとした食感を楽しめ、少し時間を置くとモッチリとした食感が増しさらに旨味が深まります。そんなネリゴですが、カルパッチョがオススメです。釣り上げたネリゴのエラを切り、ハラワタを一気に取り除きます。それからウロコ、頭を取り除き3枚に切り分けてから、食べやすい大きさにします。レタスやトマトなどを盛り付けた上に、切り分けた身を並べれば完成です。

マゴチのお吸い物

ルアーや泳がせ釣りなどで狙えるマゴチ。今回はそんなマゴチを使った手軽な料理です。釣り上げたマゴチの頭を落とし、ハラワタを取り除き、3枚におろします。全体に塩を振りかけしばらく置いてから、一度流水で流します。水を張った鍋に昆布を入れ沸騰させ、昆布を取り除きます。それから先程のマゴチの身やアラを入れ、弱火で煮ます。マゴチに火が通ったら、塩で味を整えて完成。小ネギを散らしていただきます。簡単ながら暖まる料理で、マゴチ本来の味が楽しめます。

オオモンハタの刺し身

ハタ類の中でも高級魚として知られるオオモンハタ。旬は夏と言われることが多いようですが、基本的には年中美味しい魚。上品な白身白であり、ゼラチン質が少ないため、汁物やその上品な味を生かした味付けがオススメです。釣り上げたオオモンハタの頭、ハラワタを取り除き、3枚におろします。それから皮を剥いでいきます。幅3 ~ 5mm ほどに切りわた身を、お皿に盛り付ければ完成。ポン酢や醤油などのさっぱりした味付けで召し上がれ。これから釣れる魚だけに、ぜひお試しください。

アジのハンバーグ

釣り上げたアジを3枚におろし、しょうが/ 1片、味噌/ 大さじ1、片栗粉/ 大さじ1、醤油/ 小さじ1、酒/ 大さじ1 を加えたものをフードプロセッサーなどでペースト状にします。それから、タマネギとシソを入れて混ぜ、小判型にハンバーグのように成型します。フライパンにごま油を熱して成形したハンバーグを中火で5分ほど焼きます。焼き色がついたら裏返して1分ほど焼き、酒/ 大さじ1を加え蓋をして蒸し焼きに…。お好みで、大根おろし&しそ&ポン酢などを添えて召し上がれ!

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード