TOP ≫ column-TOP ≫ Cooking 釣り魚レシピ

Cooking

釣り魚を使った料理をご紹介

記事一覧

ウミタナゴの炊き込みご飯

釣り上げたウミタナゴはウロコをとり、ハラワタを取り除いたら、中を綺麗に洗い、ザルにあげておきます。それから、両面に軽く塩をし、フライパンで軽く焼きます。その間にお米を研ぎ、酒/ 大さじ2、ミリン/ 大さじ1、しょう油/ 大さじ1、塩/ 小さじ0.6、チューブ生姜/ 小さじ1 の調味料を作ります。炊飯器にお米を入れ、先程の調味料を混ぜ、水を加えます。その上に昆布を敷き、焼いたウミタナゴを乗せたら、後は炊くだけ。ウミタナゴの身をほぐして混ぜてから召し上がれ。

ネンブツダイの唐揚げ

ほとんど持ち帰ることもないネンブツダイ。小魚であるため、調理も手間がかかると思われるが、調理バサミを使えば、結構さくさくと料理することができる。予めネンブツダイのウロコを取り除き、頭から腹に向かってハサミを入れる。この時に完全に切断しない。すると、頭に内蔵がくっついて綺麗に取れるので後が楽になります。このまま塩コショウをして、油でサッと揚げると、唐揚げの完成。多少骨が硬いので、低温で2度揚げすると美味しくいただけます。お酒のおつまみに最高です。

カイワリのなめろう

釣り上げたカイワリの頭とハラワタを取り除き、三枚におろします。皮をひいてから骨や血合い骨を取り除き、粗くみじん切りにします。それからみじん切りにした大葉を加え、塩/ 少々、胡麻油/ こさじ1.5杯を加えて、さらに細かく包丁で叩きます。ある程度叩き、粘り気が出てきたら完成。お皿に盛り付けてお召し上がれ。通常はアジなどで行うなめろうも、カイワリで行うことで、また違った趣を感じる。この季節だからこそ食べられる絶品料理です。釣れたときには、ぜひお試しください。

カイワリのなめろう

釣り上げたカイワリの頭とハラワタを取り除き、三枚におろします。皮をひいてから骨や血合い骨を取り除き、粗くみじん切りにします。それからみじん切りにした大葉を加え、塩/ 少々、胡麻油/ こさじ1.5杯を加えて、さらに細かく包丁で叩きます。ある程度叩き、粘り気が出てきたら完成。お皿に盛り付けてお召し上がれ。通常はアジなどで行うなめろうも、カイワリで行うことで、また違った趣を感じる。この季節だからこそ食べられる絶品料理です。釣れたときには、ぜひお試しください。

タチウオの照り焼き

釣り上げたタチウオの頭とハラワタを取り除き、身は幅5cm ほどに切り分けます。そして、皮目に十字の切り込みを入れ、しょう油大さじ1・ミリン大さじ 1・酒大さじ1 を混ぜた漬け汁に10〜 15分漬け、味がしみるようにします。熱したフライパンにサラダ油を入れ、先程漬けた身の水分を切って入れます。皮に火が通るまでそのままで焼きます。ある程度の焦げ目が付いた頃合いを見て裏返して下さい。最後に更に漬け汁を注いで煮詰め、汁を身にからませて完成。これも意外と美味しい!

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード