TOP ≫ column-TOP ≫ Cooking 釣り魚レシピ

Cooking

釣り魚を使った料理をご紹介

記事一覧

ミシマオコゼのソテー

砂底に生息し、魚食性が強いミシマオコゼは、白身でタンパクな味わい。刺し身でも食べられるが非常にタンパクなので、今回は味付けをしソテーに…。ミシマオコゼの頭を落としハラワタを取り除きます。綺麗に水洗いしたあと、3枚におろします。身に塩コショウをして、小麦粉を両面にまぶしてから、フライパンで温めたバターの中に投入。皮側から焼き始めるのがコツです。両面きつね色に焼きあがったら、トマトソースを掛けて召し上がれ。見た目とは異なり上品なソテー。

オハグロベラのフライ

ベラ科の魚は海域によっては多少臭みがある個体もあります。そこで、必ず下処理をすることをオススメします。釣り上げたオハグロベラのウロコ、ハラワタ、エラを取り除き3枚におろし、血合いを取り除きます。それからザルに入れて熱湯でサッと軽く洗い流してから、ボウルに入れた氷水に漬け、それから料理し始めます。身を小麦粉に水を加えてよくかき混ぜたものに漬け、それからパン粉をまぶして180度の油でカラッと揚げます。下処理で味が断然変わってきます。

マダイの兜煮

釣り上げたマダイの頭、ハラワタを取り除きます。取り除いた頭を前歯の中央から包丁を入れ、2 つに割ります。軽く塩を振ってしばらく置きます。ヤカンでお湯を沸かし、先程の頭に注いで臭みを取り、表面が白く変わったら氷水に漬けで冷やします。鍋に頭を並べ、水/200cc、酒/150cc を入れ、中火で加熱。アクを救いながらじっくり煮ていきます。目が白くなってきたらしょう油/ 大さじ3、みりん/ 大さじ3、砂糖大さじ3 を加え、落とし蓋をして煮込めば完成。じっくり煮ていくのが上手に仕上げるコツです。

ヤマメの天ぷら

いよいよ渓流釣り解禁です。寒い冬を過ごしてきたヤマメたちは、まだ体力が回復していないため、骨まで柔らかいのが特徴です。そんなヤマメを釣り上げた時に試してほしいのが天ぷらです。釣り上げたヤマメを塩でもんでヌメリを落とし、ハラワタを取り除きます。小さいウロコを剥いでから、飾り包丁をいれ、天ぷら粉を付けます。フライパンで160度ほどに熱した油でじっくり揚げて天つゆなどで召し上がれ。骨まで美味しいヤマメをご堪能あれ。

ツムブリのカルパッチョ

ほとんどブリと同じような体型のツムブリ。味はあっさりとしているので、カルパッチョに最適な身です! 釣り上げたツムブリの頭、ハラワタを取り除き、3枚におろします。それから、身を薄く切り分け、お皿に並べ、レタスやトマト、かいわれ大根などを添えます。それから、オリーブ油/ 大2、レモン汁/ 大1、味ぽん/ 大1、旨み醤油/ 少々、バジルソルト/ 多め、粗挽き黒胡椒/ 少々を混ぜ合わせたとレッシングをかけて召し上がれ! イタリアンソースと相性がいい魚です。

つり太郎SHOP

- PR -

世界初の花粉症対策マスク ノーズマスクピット 14個入り

●ノーズマスクピットは世界初の花粉症対策マスクです。 ノーズマスクピットは従来の顔を覆うマスクとは違い、ノーズマスクピットのフィルター部分を直接鼻に差し込んで使用しますので、顔の表情も見え、会話や食事も普段通りに行えます。 顔を覆うマスクをしないので、女性の方の化粧崩れやマスクによる息苦しさなどもありません。●バイオインターナショナルのノーズマスクピットは、ボーケン法による試験で『花粉通過率0…

ダイワリール特集

EXIST 1003H ネイティブカスタム

無類のパワーと滑らかさ。REAL ENGINE(リアルエンジン)圧倒的なパワー、シルキィな回転性能を生み出しているリアルフォーの駆動系。高精度なスーパーメタルボディーに包まれたデジギヤ、サイレントオシレーションが静謐にして力強い巻取りを可能にし、リールの心臓ともいえるドライブギヤーを大口径BBで支持するエンジンプレートが理想的なレイアウトをもたらしている。快適さが倍加する操作性。-REAL CONTROL(リアルコントロー…

アウトドア&フィッシング ナチュラム 提供:アウトドア&フィッシング ナチュラム
VIEW 本誌最新号をネットで読む
最新号を毎週火曜日に更新

毎週木曜日発売

表紙
バーコード