TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ サビキ仕掛け

サビキ仕掛け

サビキと呼ばれる擬似バリを使用した仕掛けをそのままサビキ仕掛けと言います。防波堤での定番仕掛けで、子どもから大人まで誰でも楽しめる仕掛けです。

竿=サビキ釣りで使用する竿は、防波堤用の竿であればガイド付きでもノベ竿でも十分対応出来る。できれば、5m以上の長さがあると、広範囲に探ることが出来るので便利。1.25?1.5号クラスであれば十分サビキ釣りが楽しめる。

リール=リールは重たくないように2000番以下のスピニングリールを選びたい。魚が入れ食いになると、余計な機能がない方が扱いやすいので、レバーブレーキが付いていないノーマルなスピニングリールがオススメ。

カゴ=下カゴはプラスチックのカゴに底にナマリが付いたもので十分。カゴの大きさは中型で、こまめにエサを入れてあげたい。また根掛かりでなくす可能性もあるので、2?3個あると安心だ。

道糸=道糸はサルカンから下の仕掛けを回収できればいいので、それほど号数にこだわらなくてもOK。ただし、昔からリールに巻いてあるような道糸はダメ。巻グセが付いているので、トラブルの原因となる。

連結部(サルカン)=道糸と仕掛けを繋ぐ連結具。仕掛けがクルクルと回って出来るヨレを防いだり、仕掛けの交換などもスムーズに行えるため、出来るだけ付けた方が便利。なくても釣れないことはない。

仕掛け=それこそいろいろな種類のサビキ仕掛けが釣具店で市販されている。違いはハリやハリスの号数の違いから始まり、サビキ素材の違いやカラーの違いなど…。一般的にはスキンサビキと呼ばれるサビキを中心に使い、サバ皮やハゲ皮などを持って置くと便利。サビキの色はその日の状況によってアタリカラーがあるので、数種類あるといい。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

上にカゴを持って来ることで、効率的にアジを寄せサビキに掛けることが出来る仕掛け。ただし、上のカゴと下のオモリと支点が2つできるので、初心者には扱いが難しい。仕掛け絡みも起こりやすいので、基本は下カゴ仕掛けとなる。

メリット=上カゴからマキエが落ちて来る、その下にハリがあるだけに、魚も間違えて食べてくれやすい。特に潮の流れが緩やかな港内などではかなり効果的な仕掛け。初心者や子供には最適な仕掛けと言えそうだ。

デメリット=上と下に重量のあるカゴとオモリがあるため、キャスティング時に仕掛けが絡まることが多い。ちょっとしたコツを掴むまで慣れが必要。

「足元で釣れるのは小型ばかり、やっぱり沖を狙いたい」。そんな時に使用したい仕掛け。サビキ仕掛けの上に棒ウキを持って来ることで、沖の一定のタナを狙える。ただし、食い渋る日には食い込みも悪いので、春から秋の仕掛けと言える。

メリット=ウキがないサビキ釣りでは狙うことの出来ない範囲を狙うことが出来るようになる。遠投して、カゴがタナまで落ちたら、必ず竿を立てるシャクリを入れて、下カゴにあるマキエを放出させること。アタリはウキの変化で判断する。

デメリット=遠投&深場などを狙えることで幅は広がるが、やかりサビキのハリスが短いのが気になる。魚の活性が高い、5?10月向きの仕掛け。

遠投サビキ仕掛けで狙っていると、なにか分からない大型のアタリがあった。または、ちょっとした良型のアジがいる。そんな時にはこの仕掛け。下カゴの下にテンビンをハンダで付け、その先にハリス・ハリをセット。これで大型間違いなし。

メリット=撒きエサが下カゴに入っているので、上にあるサビキ(ハリ)との同調には、大きくシャクリを入れなければいけないが、下にもエサが付いたハリがあることで、上で同調しなくても下で同調してくれる可能性が高くなる。

デメリット=仕掛け自体が複雑になるため、初心者ほど扱いが難しく絡まる原因となる。キャスティング時には細心の注意が必要となる。

バーコード