TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ カゴ仕掛け

カゴ仕掛け

カゴ釣りは、サビキ釣りからレベルアップを図った釣り人が、最終的にたどり着くケースが多い仕掛け。遠投もでき、深ダナも探れるため、60㎝オーバーのマダイや良型グロなどのアタリを体験することもしばしば。上に付いているカゴから、適度に放出される撒きエサ、その先にあるハリスとハリがその撒きエサの帯に同調する理想的な仕掛けである。

ただし、どうしても、カゴとテンビンの重量分だけ道糸や竿も太くなり、全体的にはフカセ釣り仕掛けよりも太めとならざるを得ない。また、一日に何度もキャスティングを行っていると、腰や肩に負担がかかってしまうため、「カゴ釣りは疲れる」と諦めてしまう釣り人もいる。

竿=カゴ釣りで狙う場合は「より遠くに、より深いタナに…」といった要望が強いため、ある程度の長さと強度が必要になる。長さは最低でも5m以上、号数は2.5号以上が必要。近年はカゴ釣り専用ロッドも開発されているので、そちらもオススメ。

リール=カゴ釣り仕掛けは全体的に重たくなるので、出来る限り重量の軽いリールが望ましい。とはいえ、遠投を考えるとスプールには最適でも250mの道糸は巻きたい。よって、3000?4000番クラスのリールで軽い物がいい。

道糸=道糸は出来るだけ太くない方がいい。上潮の影響を受けやすく、素直に潮の流れに乗ってくれないケースもあるからだ。とはいってもあまり細いと大物が掛かった時に対処出来ない。ベースは2.5?3号クラスのナイロン。

ウキ=カゴ釣りで求められるウキは、まず遠投が出来、軌道をそれないもの。また、感度も必要となる。ウキから下の仕掛けを浮かせるだけの浮力があれば十分。号数で言えば10?12号クラスとなる。

からまん棒=その名の通り、ウキと道糸やハリスが絡まないようにセットするもの。下に付けるテンビンからウキの全長よりちょっとだけ長くなるようにセットすればOK。

テンビン&オモリ=テンビンはイラストのように曲がっているものもあれば、ストレートのものもあり、長さもいろいろなものが市販されている。考え方のベースは、ハリスの長さによってテンビンの長さを変えること。ハリスが2ヒロであれば、テンビンの長さが20㎝もあれば十分。ハリスが長くなる程テンビンの長さは長くした方が絡みにくい。

オモリは、基本的にはナツメ型、涙型など下に重心があるオモリの方が安定度が高い。一番気になる重さだが、出来るだけ軽い方がハリに食いつく魚の食い込みもよくなるので、3?5号を数個準備する。後は、その日の潮の速さによって調節すること。

ハリ=カゴ釣りで狙う対象魚にもよるが、基本的にはオーソドックスなチヌバリの1.5?3号クラスを使用する。ただし、対象魚が大型魚になると、対応出来ないケースもあるので、臨機応変に…。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

佐賀関の波止からのカワハギ狙いは、この仕掛けが定番! 細心の注意を払ったタナ設定と浮力調整が、釣果アップの秘結。微アタリ攻略でウキは渋々設定にしたい。熟練者と初心者では雲泥の差が出るので、スキルアップを楽しみたい釣り人にオススメです。

メリット=一番下にオモリをぶら下げることで、仕掛けが安定し、魚が食い付くチャンスもアップ。上から落ちてくる撒きエサとも同調しやすいので、少ないチャンスをモノにしたい時にはオススメの仕掛けと言えそうだ。

デメリット=上と下で仕掛けを張っているため、遊びが少ない。そのため魚が食わえてから放すまでの時間も短いので、微アタリを瞬時に判断する技術が必要。

大分での磯や波止からの青物狙いはせいぜい3㎏まででルアーやフカセ釣りが多いが、極稀に大型ブリの回遊があるので、その一発狙いにカゴ釣り仕掛けも覚えておきたい。カゴ釣り仕掛けはフカセよりも太く、遠投でも撒きエサと付けエサの同調が簡単。一発狙いにオススメ!

メリット=坂ノ市一文字や磯釣りでも定番の仕掛け。マダイやアジ、磯ではイサキやクロまで対応する万能仕掛けである。キャスティングに慣れれば、どんな魚でも釣れる仕掛けなので、ほとんどの釣り人が一度は経験する仕掛け。

デメリット=テンビンにカゴを入れ、その中に撒きエサを入れる分仕掛け全体が重くなる。その分道糸なども太くなり、低活性時には微アタリが出ない。

マダイ釣りの基本中の基本的仕掛け。波止での大型マダイは底狙いが基本。水深がある程度分かれば、タナを決められるこの仕掛けが有利となる。また良く知った釣り場であれば、ナイターで流すと大型マダイの確率もアップする。外道にチヌなど…。

メリット=沖防波堤や磯から狙うマダイ釣りなら、この仕掛けの右に出るものはない。安定したタナをじっくりと流すことが出来るため、大マダイと出会うチャンスも広がる。ドラグ調節だけはしっかりとして、大アタリに備えたい。

デメリット=アタレばデカイが、ほとんどは付けエサが残って上がって来る。「小魚は相手にしません!」と割り切った釣り人向けの仕掛け。

バーコード