TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ 投げ仕掛け

投げ仕掛け

本格的な投げ釣りを楽しみたいのであれば、「サーフ(投げ)専用」の竿、リール、道糸などを用意しないと無理。専用の道具を使えば100m飛ばせるのだが、他の釣りと併用している道具では、50mも飛ばないことも…。出来る限り遠くへ飛ばすことで、その周辺の地形を捉え、キスやカレイが集まりそうな場所を探すことも遠投する目的の一つである。

竿=投げ釣り専用ロッドは、やはり仕掛けの飛びが違う。ガイドリングの大きさも専用のものだし、竿の調子や反発力も異なる。よって、出来れば投げ釣り専用ロッドをオススメ。近場での投げ釣り(100m以内)を楽しむのであれば、15?20号のサーフロッドで対応できるが、もっと本格的に楽しみたい場合は、25?30号クラスは必要。長さは前者が3m前後、後者が4m前後となる。

代用の竿で済ませたい場合は、防波堤釣り用の4m前後の竿をオススメ。ある程度竿先も堅く、10号前後のオモリをぶら下げても大丈夫である。ただし、どんなに頑張っても100mは飛ばないと思われるので、あくまで緊急用と割り切るべし。

リール=これも本来なら投げ釣り専用リールがオススメ。スプールの形状が他のリールと異なり、糸が放出しやすいように、斜めになっているのが特徴。また溝も浅いため、遠投する時に余計な負荷をかけず、トラブルも少ない。通常のスピニングリールで代用する場合は、「飛ばしにくい」ことを前提に使うこと。また、レバーブレーキは必要ない。

道糸=できればPEラインの1?1.25号クラスを使用すると、飛距離も伸びるし、アタリも鮮明になる。PEラインがなければフロロカーボン系の糸で対処したい。号数は2.5?3号クラス。

力糸=投げ釣り特有の糸。キャスティング時に、力糸から下にぶら下がるテンビンオモリや仕掛けなどが切れないようにするクッションの役目を果たす。ただし、それほど遠投しないのであれば必要はない。

テンビン投げ釣りで使用されるテンビンには、いろいろな形の物があり、それぞれに工夫したテンビンだが、釣り場や状況に合わせて使い分けている方が多いようだ。

海草テンビン=最も一般的なテンビン。オモリの安定度も高く、アタリも鮮明に出やすい。ただし、根掛かりする確率も高いので、起伏の激しい海底や藻場がある場合は不向き。

ジェットテンビン=海草テンビンの次に使われるテンビン。巻き上げる時に浮き上がる構造になっているため、根掛かりが多い釣り場向き。

スパイクテンビン=スパイクが付いているテンビンで、潮の流れが速い釣り場などで使用される。仕掛けの不要な流れを防ぐ。

仕掛け=釣具店ではいろいろな種類の投げ釣り仕掛けが販売されている。初心者や手軽に楽しみたい方にはそちらをオススメ。ハリの号数は7?8号を基準に対象魚の大きさに合わせること。ベテランは、仕掛けを自分で作る方もいる。やはりハリスが長いほどアタリも出やすくなり、ハリの本数が多いほど効率よく対象魚を釣ることが可能。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

主に県北では、ヒラメを投げ釣りで積極的に狙っているが、上がっても体長30?35cm級までと記憶している。それ以上になると、巨体を支えるエサを求めて深場へ移動するのか? この仕掛けでもハリスを切られる時があるので、替えの仕掛けも準備すること。

メリット=主に小?中型ヒラメを狙う仕掛け。歯の鋭いヒラメに対応するために、ハリス、ハリ共に多少太めのものを準備する。テンビンオモリの号数はその釣り場の状況に合わせて…。エサをアジの切り身や小魚にするケースもある。

デメリット=ハリスやハリの号数が上がるほど、小魚が食ってくる確率が低下する。よってアタリの回数も少なくなるため、「何も釣れない」と飽きてしまう。

冬時期のカレイ狙いは大分市細港、臼杵港、佐伯市番匠川河口などが好ポイント。付けエサに本虫、アオケブなどを目立つように大きく房掛けするのが基本。付けエサだけでなく、ハリ周りにフェザーや貝殻などで目立たせるのもオススメ。冬の楽しみの一つにしたいです。

メリット=遠投時は、竿先から仕掛けの先まで角度があまり出来ないので、海草テンビンを使って角度を付けた釣りを心掛けた仕掛け。もちろん遠投時でなくても海草テンビンを利用してもOK。

デメリット=仕掛けに角度を付けてくれる海草テンビンだが、その分だけ根掛かりしやすい。仕掛けを回収するときは、できる限り上に跳ね上げてから、急いで回収すること。藻場に入るとほぼ回収不能に…。

この仕掛けは別にサ?フロッドでなければダメといった物ではない。通常の波止用の竿でもオモリ負荷に耐えられる物であればOK。港内の船道など遠投を必要としないポイントを狙う時に便利な仕掛け。秋から冬の落ちギス狙いにオススメ。

メリット=手軽に投げ釣りを楽しみたい場合や、子供などに釣らせたい場合に用いられる仕掛け。簡単にできるし、手返しも早いため、ポイントが近い場所の時は、テンビンを使うよりも数釣りが楽しめるケースもある。

デメリット=やはり遠投出来ないのが辛いシーズンがある。特に、5?6月にかけては、遠投出来ないとボーズの日も…。この仕掛けでは、40mまでと割り切りたい。

ノベ竿でも楽しめるのがハゼ釣り仕掛け。イラスト図で表したオモリを付けたぶっ込み釣りとウキ釣りの2種類があるが、近年はぶっ込み釣りの方が釣果が上がる傾向を感じる。根掛かりなども多いので、仕掛けの替えを準備すること。

メリット=誰でも手軽に楽しめるため、家族でハゼ釣りを楽しむことができる。各メーカーからハゼ釣り仕掛けのセットなども発売されているので、非常に手軽。

デメリット=根掛かりなどもあるので仕掛けの替えを準備すること。日が悪いとなかなかアタリが出ない日もある。ポイント選定などが必要なケースも…。

バーコード