TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ 泳がせ仕掛け

泳がせ仕掛け

泳がせ仕掛けは、魚食性(フィッシュイーター)の魚であればある程度どんな魚でも釣れる仕掛け。主に青物やモイカ(アオリイカ)釣りやヒラメ釣りなどで用いられるが、磯では大物狙いとして「のませ釣り」としても知られる。

竿=泳がせ釣り用の竿は、基本的には防波堤釣り用の竿であればOK。ただし、あまり細いとモイカの引きに負けてしまうので、出来る限り2号以上の竿を準備したい。1.5号クラスでも取れるが、竿さばきに慣れた方でないとバラす可能性もある。

リール=中型のスピニングリールで問題なく楽しめる。できればドラグ機能が付いたスピニングリールがオススメ。

道糸=アジを泳がせている間は、ほとんど根掛かりもない。むしろアジを捕らえたモイカが藻場などへ逃げ込み、そこで根掛かりのように取れなくなるケースが多いようだ。よって、そのような事態になっても仕掛けを回収できるように2.5?3号がオススメ。

ウキ止め&シモリ玉=初心者のうちはウキ止めを付けて、きっちりとタナを決めてモイカを狙いたい。慣れてくると、ウキ止めなしの完全フリーで泳がせる方もいるが、釣り場によっては根掛かりが多発するので注意。

ウキ=基本は非自立の棒ウキ。アジがタナまで届くとようやく海面に立ち、ピコピコと上下する動きをする。当然モイカが掛かれば海中へ消える。その代わり、ウキの浮力調節のため、ハリスにオモリを付けなければいけない。ベテランになると自立ウキを使う方もいるウキの号数は2?3号。

仕掛け=泳がせ用の仕掛けは自分で作ることも出来るし、釣具店で手軽に購入する事も出来る。やはり自分で作った方が、ハリスの長さを長くできるため、釣果も上がりやすいが、初心者には、市販の仕掛けをオススメ。それでも十分釣果は望める。

オモリ=自立ウキを使用している場合はあまり必要がないが、非自立ウキを使用している場合には、アジのサイズによってオモリを追加しないとウキが立たない場合もある。

掛けバリ=仕掛けを選ぶ時に、迷うのが掛けバリの大きさ。考え方としては釣れるサイズに合わせる。小型と言われるシーズン初期ならS?Mサイズ。終盤戦なら1㎏オーバーも上がるので、Lサイズを使用する人も…。「関係ない」と言うベテランもいるようだが…。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

棒ウキを使用しないため、視認性は悪くなるが、エサとして泳がせている魚に付加をかけず、広範囲に泳いでくれる仕掛け。特に青物狙いなどには、有効であるし、わざと0号の円錐ウキなどを使用し、ウキを沈めて泳がせる方法などもある。

一番下にオモリをセットして、海底周辺を強制的に泳がせる仕掛け。特にヒラメ釣りに有効の仕掛けであるが、ヒラメの状況によってハリスの長さなどを微調整する必要がある。あまりにもアタリがない時は、ハリスの長さを出来る限り長くすること。ただし、仕掛けのキャスティングに苦労する可能性もあるので、注意が必要。

エギ、泳がせでアタリが出づらくなると、にわかに面白くなるのがヤエン釣り。アジの尾ビレにハリを刺すか、道糸を直接結びつけるだけ。アジが自由に泳ぎ回るためモイカの乗りも抜群。ただし、ヤエンと呼ばれる掛けバリに掛けるのが難しい釣り。

メリット=本誌が取材している範囲では、ヤエンのアタリが一番出やすい。それだけアジを邪魔するものがなく、モイカの警戒心も薄くなるのだと感じる。アタリが多いだけに、ワクワクする瞬間も多く、初心者でも楽しめる釣りである。

デメリット=ヤエンを掛けるのに、ちょっとしたコツが必要。またエサのゼンゴの動き次第で釣果も変わるので、活きのいいゼンゴの調達が必要となる。

バーコード