TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ウキダゴ仕掛け

ウキダゴ仕掛け

ウキダゴ仕掛けは、イカダなどで行われる釣法のダゴチン釣りを防波堤や磯釣りでも楽しみたいといった要望から出来た仕掛け。ダゴチン仕掛けにウキを付けているため「ウキダゴ」と呼ばれる。この仕掛けのメリットは、ツケエをダンゴで包んでいるため、エサ盗りにつよく、狙ったタナ(層)までツケエを守ることが出来ること。大分県では、特に夏場のエサ盗りが多い時期に行われることが多い。ツケエをダンゴで包んで投入するため、あまり遠投が出来ないのがデメリット。特にメイタ、チヌ狙いなどに好まれる仕掛け。

竿=上物釣り用の竿で、5?5.4m前後の長さがあればどんな竿でもフカセ釣りを楽しむことができる。ただし、操作性や利便性などを追求するのであれば、やはり、クロ&チヌなど、フカセ釣り専用の竿をオススメ。

リール=フカセ釣りでは、1?2.5号クラスの道糸を200m前後必要とする。よってそれらが格納できる大きさのリールがあればベター。となると、2500?3000番クラスとなるだろうか…。必ずドラグ付きリールを選びたい。

レバーブレーキに関しては、磯でクロを狙う場合以外はあまり必要がない機能。逆に言えば、クロ釣りには必需品となる。

道糸=フカセ釣りでの道糸は、釣り場や対象魚の大きさに合わせて1?2.5号前後を使用する。素材はナイロン系が扱いやすくて便利だ。フロートタイプ(浮きやすい)サスペンドタイプ(若干沈む)があるが、初心者にはフロートタイプがオススメ。風が強い日などには、風の影響を受けにくくするために、サスペンドタイプを使用する人もいる。

ウキ止め=基本的には半遊動となるウキダゴ釣り。また、棒ウキの微妙なアタリを取るのがこの釣りの妙味となるため、ウキ止め&シモリ玉は必ずセットしたい。仕掛けが思い通りのタナをキープできないと、イメージした釣りを楽しむことができない。

ウキ=基本的には棒ウキで行う釣り。棒ウキのメモリを見ながら、ダンゴの割れ具合やアタリの有無を黙視する。極まれに円錐ウキを使用している方もいるが、こちらは棒ウキでは狙いにくい場所(河口や、潮流の激しいポイント)などで行っているケースが多いようだ。

ハリ=現在、釣具店で販売されているハリにはいろいろな種類があるが、目安は自分が釣りたい対象魚のハリを求めること。ある程度なんでも釣りたい場合は、一番オーソドックスな「チヌバリ」がお勧めだ。※チヌバリ=1?3号クラス。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード