TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ フカセカンダイ仕掛け

フカセカンダイ(コブダイ)仕掛け

「大物ともフカセ釣りで渡り合いたい」といった要望から、近年急激に人口が増えているフカセカンダイ釣り。防波堤でも5?10kgの大物と渡り合えるだけに、ヤリトリだけでもスリリングな釣りである。仕掛けは、通常のフカセ釣り仕掛けが、竿、糸ともにツーランク以上サイズアップしたもの。ツケエにはゴカイや青ケブ(朝鮮ゴカイ)などを使用する。

竿=出来るだけ強靭な竿を使いたい。特にカンダイ(コブダイ)が根に張り付いた時には、竿を極限まで曲げて耐えることが必要となる。この時にパワフルな竿が必要。4号でも折られる場面を目撃している。近年はこの釣り専用の竿も発売されている。

リール=こちらも出来る限り大型のスピニングリールを用意したい。レバーブレーキは必要なく、ドラグも出来るだけ締めておくことが望ましい。

道糸=ナイロン系の道糸で10号程度あれば問題ない。とにかく掛けた魚を取り込むための道具なので、切られない太さの道糸が必要。

ウキ=ツケエにはゴカイや青ケブ(朝鮮ゴカイ)を房掛けするため、最低でも3Bクラスの円錐ウキが必要。5Bあると少々大きなエサを付けても問題がない。

ハリス=こちらも道糸と同様に、フロロカーボン系のハリスで10号以上あればOK。切られないことが必要であるが、道糸とハリスは直結にするため、プライヤーなどを準備して、ほどけないようにきつく結びたい。

ハリ=カンダイ(コブダイ)の大きな口を捉えるように、出来る限り大きなハリが望ましい。基準はグレバリ12号となるが、これがチヌバリでも構わないと思われる。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード