TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ サーベリング

サーベリング

刀(サーベル)のような形であるタチウオや歯の鋭いカマスなどを狙う時に使用するタックル。歯でリーダーを切られる可能性が高いため、他のルアー釣りで使用するリーダーよりもツーランク太いリーダーを使用するのが特徴。ルアーもメタル系のルアーを使用する。

ロッド=サーベリング専用のロッドなどは発売されていないが、シーバスやライトジギング用のロッドが流用できる。2?3m前後の長さがあれば十分で、60gクラスのジグがキャストできるロッドを選びたい。

リール=中・小型スピニングリールであれば問題なく使用できる。できればドラグ機能が付いたリールをお勧めする。

ライン=基本的には掛けたタチウオやカマスを引き寄せたり、ジグをキャストしても切れないラインであればOK。操作性を重視するのであれば、PEラインを使用することをお勧めする。

ハリス=リーダー(ハリス)は40?60lbと少々太めのリーダーを使用すること。

ルアー=鋭い歯を持つタチウオやカマスをターゲットとするため、メインはジグを使用。小型のジグに状況次第でアシストフックを取り付けることもある。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード