TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ショアジギング

ショアジギング

春から秋にかけて陸っぱりからもジギングが楽しめる。オフショア(沖の船釣り)のように大型が出る事は少ないが、それでも5?6kg級の青物が出ることもあり、いい日に当たればパワフルなヤリトリが楽しめる。

ロッド=ショアジギング専用ロッドが各種発売されている。長さは9?10ftほどあると、ロングキャストできるので便利。ショアジギングなので、45g前後のウェイトに耐えられるロッドであればOK。

リール=中型スピニングリールであれば問題なく使用できる。できればドラグ機能が付いたリールをお勧めする。

ライン=基本的には掛けた青物を引き寄せたり、ルアーをキャストしても切れないラインであればOK。操作性を重視するのであれば、PEラインを使用することをお勧めする。

ハリス=リーダー(ハリス)は20lb前後は必要。キャスト時にリーダーの結束部から切れることもあるので、ラインシステム(結び)をしっかり行いたい。

ルアー=ルアーはジグ系を使用。日によって高速巻き、低速巻きなどを使い分けて、その日のパターンを探りたい。また、カラーもラメ入りからナチュラル系まで数種類持参すると便利。バイトが浅い日もあるので、アシストフックは出来る限り使用する。逆に掛かりが悪いと判断したら外して対応する。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード