TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ アジ・サバ仕掛け

アジ・サバ仕掛け

大分で全国的にも有名なアジ・サバ釣り仕掛け。基本的には乗り合い船での使用となるため、お祭りを未然に防ぐ意味合いから下カゴ仕掛けがメインとなる。

竿=3?3.6mの竿で60?80号あれば十分。シャクリや仕掛けの打ち返しなどの動作が頻繁になるため、穂先にPEラインが絡まってしまうケースも多い。そんなトラブルを防ぐために、インナーラインロッドがお勧め。糸絡みを気にされない方は、アウトガイドでも十分行える。

リール=打ち返しが頻繁なため電動リールがお勧め。PEラインの3?6号を200m以上巻ける電動リールが必要。

道糸=PEラインがお勧め。電動リールがコンパクトにできるし、糸も細くアタリなどの感度も増すのが理由となる。

目印玉=入れても入れなくても釣りに支障はないが、目印としては入れておくと便利。また、仕掛けの巻き上げ過ぎを未然に防ぐ意味合いもある。

クッションゴム=アジは口が弱いため、ハリ掛かりしたあと、巻き上げている時に乱暴にすると口切れしてバラすケースも多い。よってクッションゴムを入れることでショックを和らげてあげる。

仕掛け=各メーカーからいろいろなサビキが発売されている。釣り仲間や船長からお勧めサビキを聞いて購入すること。カラーを数種類準備しておくと、その日のアタリカラーを探しやすくなる。

カゴオモリ=ステンレス製のカゴオモリが支流。80?100号を2?3個準備し、潮の流れが速い時に合わせて、丸オモリの10?20号を数個準備しておくと便利。流れが速い時には100号のカゴオモリの中に丸オモリを入れて、負荷を上げる。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

上カゴ仕掛け

潮が速い時などには効果的な仕掛けであるが、大分県でアジ・サバ釣りをする際は、お祭りが多発する仕掛けなため、あまりお勧めできない。仲間内だけのチャーター船の場合のみ使用すること。

メリット=マキエを入れるカゴが仕掛けの上にあるため、サビキとマキエの同調が図りやすく、潮が速い日にはメリットが多い。

デメリット=船の中である程度オモリの号数や狙うタナなどをアワセないとお祭りが多発する可能性が高い。

バーコード