TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ カワハギ仕掛け

カワハギ仕掛け

近年、全国的に大人気のカワハギ釣り。カワハギは、攻めて釣りたいですね!

竿=カワハギ専用竿の使用すること。カワハギ専用竿の特長は先調子、ショートであること。カワハギの繊細なアタリを取るために、穂先は極細で柔らかくなければならない。しかし、「タタキ」などオモリをしっかり動かすのと、鋭敏なアワセが必要なので、胴は固めがよい。常に手持ちのアクションが必要なので、取り回しの良い1.8m級、軽量であればなおよい。

リール=小型の両軸リール。カワハギ釣りでは竿を片手持ちで常にアクションするので、軽量リールであるとなおよい。

道糸=1号前後の、PEライン推奨。PEラインを使用する理由は感度性、アクション性が共に高いから。ラインは細い程よい。30号オモリであれば、ベテランでも0.8号のPEラインで大丈夫。

集魚板=集魚板が海中できらめくことで、カワハギの集まりがよくなる。ただし、アタリの感度を優先、もしくはエサ盗りの多い時は、外した方がよい。

カワハギ仕掛け=カワハギバリを使用するのが基本。型が20cm前後であれば、8号前後が基本。食いの渋い時は、6号以下も必要。仕掛け図ではハリを手早く簡単に交換できる、ハリス止めタイプ(幹糸と枝糸の接続具)を使用。なお、接続部を直結しているものはハリ交換できないが、ハリス止めタイプに比べてアタリが出やすい。仕掛けは、多めに準備しておくこと。ハリ先が鈍ったり、ハリスにヨレが生じたらすぐに交換することが、釣果アップの秘訣です。

目玉シンカー=カワハギを寄せるために、目玉が入ったり、きらめくタイプを使用することが多い。仕掛けを沈める以外に、集魚板としての役割があるのをお忘れなく! 

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード