TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ 五目仕掛け

五目仕掛け

イサキは、初夏の豊後水道の五目釣りの人気魚だ。イサキの群れが回遊して来ると遊漁船の予約が一気に埋まってしまうので、雑誌やインターネットでその情報は逐一チェックしておきたい。

竿=50?80号クラスの、胴調子のものがよい。

電動リール=5号前後のPEラインを、200m以上巻けるもの。ライン切れなどのトラブルに対応するため、予備のリールを準備しておくこと。

道糸=イサキ狙いであれば、PEライン4号でよい。ただし、大型マダイや青物が交じる場合は、5号以上を使用したい。

テンビン=50cm程度のL型テンビン。

カゴ=10cm程度のカゴ推奨。カゴが大きいと、潮の流れを受け過ぎるのに注意したい。仕掛けは、こまめに打ち返すように!

クッション=ラインブレイクや、バラシ防止のため必ず装着すること。

仕掛け=イサキ狙いであれば、ハリスは3m以内でよい(マダイ狙いであれば、4m必要)。基本的に4号ハリスでよいが、大型マダイの一発に備えるのであれば、5号以上を使用したい。ただし、イサキの食いが渋い時は5号ハリスでは数が低下することが多い。ハリについては、チヌバリ4号。ただし、大型マダイに備えるのであれば、マダイバリの10号前後を使用したい。この場合も、食いが渋い時は数が低下する。5号以上のハリスを使用する。

五目大物仕掛け

豊後水道の大物狙いといえば、真っ先に上がるのがマダイだ。最盛期は春と秋だが、一年を通じてその一発が期待できる。大型マダイを取り込むコツは、無理せず引っ張り合わないこと。口で言うのは簡単だが、これが以外と難しいのです。仕掛けは、イサキ狙いの時よりも太めにするのが基本です。

竿=50?80号クラスの、胴調子のものがよい。

電動リール=5号前後のPEラインを、200m以上巻けるもの。ライン切れなどのトラブルに対応するため、予備のリールを準備しておくこと。

道糸=5号以上のPEラインを使用する。

テンビン=50cm程度のL型テンビン。

カゴ=10cm程度のカゴ推奨。カゴが大きいと、潮の流れを受け過ぎるのに注意したい。仕掛けは、こまめに打ち返すように!

クッション=ラインブレイクや、バラシ防止のため必ず装着すること。

仕掛け=5号以上のハリスを使用する。マダイ狙いは仕掛けが海中で漂うように吹けている方がよいので、4m以上と長く取りたい。ただし、ハリスを長く取ると周囲の釣り人との仕掛け絡みが発生しやすいので、釣り人の少ない時や船の最後尾がよいだろう。枝を出すとその接続部分の強度が落ちるので、大物狙いには1本バリを推奨する。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード