TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ウキ流し仕掛け

ウキ流し仕掛け

蒲江の船釣りは、ウキ流し釣りが主流だ。1m近い大きなウキが、遥か沖でボコンと消し込む光景がなんとも堪らない。初夏にはイサキ、クロは一年を通じて魚影が濃い。

竿=60号前後の船竿。胴調子がよい。

電動リール=5号前後のPEラインを、200m以上巻けるもの。ライン切れなどのトラブルに対応するため、予備のリールを準備しておくこと。

道糸=イサキ、クロ狙いであれば、PEライン4号で十分。ただし、大型マダイの一発に備えるのであれば、5号以上を使用したい。

ウキ=30?50号。50cm以上の長さで、視認性の高いものを使用すること。

テンビンLテンビン。長さは、50cm以上。

カゴ反転カゴ使用。投入後、仕掛けが馴染んだ頃合いに大きく竿を煽ってカゴを反転させて、一気にマキエをバラ撒く。

クッション=ラインブレイクや、バラシ防止のため必ず装着すること。

仕掛け=3?4本バリ。瀬の上でピンポイントでマキエとツケエが馴染んだら、複数でヒットする。ハリスは3?4号でよいが、大型に備えるのであれば、最低でも5号以上をセットしたい。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

マダイ狙いの場合は、イサキ・クロ釣りの時よりもラインを太くし、ハリも大きくする。大型マダイを確実に穫りたい場合は、枝バリを出さずに1本バリで勝負したい。枝バリを出すと、幹糸との接続部分の強度が落ちる。

蒲江でのウキ流しの対青物仕掛けの一例。5kg以上のブリを想定している。蒲江では冬時期に大きな群れが回遊する傾向があり、シーズン序盤は型、中期からは数の出る傾向がある。馬力のある電動リールを使用して、一気にグングン巻き込みたい。

蒲江でのウキ流しの対青物仕掛けの一例。マキエを使って、青物を集める仕掛け。大型青物の一発狙いであれば、ハリスを10号以上、1本バリを推奨する。

バーコード