TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ケンサキ&コウイカ仕掛け

ケンサキ&コウイカ仕掛け

夏の夜の船釣りと言えば、ケンサキイカ狙いが人気です。釣り方は組糸を使った手釣りが主流でしたが、最近は竿と電動リールを使う方が増えています。電動リールでの釣り方は、低速でゆっくり巻き上げるだけ。高活性時は手釣りよりも効果があるが、低活性時は手釣りで微アタリを捉えてアワセを入れる方が効果的です。状況に応じて対応するのが、釣果アップの近道です。

竿=50?80号の竿。胴調子がよい。

電動リール=5号前後のPEラインを、200m以上巻けるもの。ライン切れなどのトラブルに対応するため、予備のリールを準備しておくこと。

道糸=5号前後のPEライン。

スッテ=大分沖では、白地に赤が主流。シーズン序盤は小さめのスッテでないと、ケンサキイカの掛かりが悪い。枝は短い方がアタリが出やすいし、仕掛け絡みのトラブルが少ない。大分県内であっても、スッテや枝の長さについてはベテランの中でも意見が分かれるので、その日の竿頭の仕掛けや釣り方を注意深く観察しましょう。

オモリ潮の流れや水深に応じて、80号前後を使用する。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

スッテの乗りが悪い時は、エサ巻きスッテでアタリが頻発するケースが多い。エサ巻きスッテで手返しよく釣るには、エサ巻きスッテを2本以上準備しておき、流している間にもう一方にエサを巻いておくこと。これにより、スッテにエサを巻く時間を短縮できる。

船のモイカ狙いの仕掛け例。海底の底付近を確実に攻めるのであれば、下オモリ仕掛けが推奨される。底が荒かったり、藻の多い所では、ウキ釣りなど底を切った仕掛けがよい。

コウイカは底狙いが基本だが、エギを底で引きずると根掛かりの原因になります。下オモリを使用して底付近で枝を出してそこにコウイカエギを付けることで、根掛かり少なく底を攻めることが可能になります。

モイカは活きエサにしか反応しないが、コウイカは切り身でも反応します。切り身を使用する方がエギ単体より反応する傾向があるので、ゲーム性よりも実益重視ならこちらの仕掛けの方がオススメです。

バーコード