TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ タチウオ仕掛け

タチウオ仕掛け

夏から秋にかけての夜釣りの人気者、タチウオ。大分、別府など人口密集地の波止やそのすぐ沖でアタリがあるので、シーズン中は波止も沖も、釣り人で大混雑します。

竿=使用するオモリの号数に、耐えられるもの。潮の流れや狙うタナで、オモリの大きさは様々。近場の浅いポイントエあれば10号前後のオモリ、沖の水深、もしくは流れのあるポイントでは30号以上のオモリで安定させた方がよい場合がある。その状況に応じて、竿も選びたい。先調子だとアタリが分かりやすく、なおかつ胴が柔らかめだと食い込みが良い。

リール=水深、もしくは狙うタナが30m以上の場合は電動リール推奨。それより浅ければ、手巻きリールの方が取り回しがよくオススメだ。

道糸=オモリが10号以下なら、2号程度のPEライン、もしくは3号程度のナイロンライン。電動リールの場合は、4号クラスのPEラインを推奨する。なお、タチウオの群れの大きい時はラインブレイクが多発するので、予め糸の巻いてある予備のリールを準備しておくこと。

ケミホタル=ケミホタルの光が、タチウオの食いを誘発する。

ハリス=浅場では2?3号、深場では4号前後。

チモト基本的にはワイヤーを使用する。ワイヤーは#45前後で、長さは6cm程度が基本。ナイロンの方が食いが良いが口元に確実にフッキングさせないと、タチウオの鋭い歯ですぐに切られてしまう。ナイロンでは、6?10号程度を使用する釣り人も見られる。

ハリ=丸セイゴ10号前後、チヌバリ5号前後。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

船釣りでよく見られるのが3本バリの、タチウオのテンヤ釣りだ。テンヤは重量があり海中で安定しやすいので、狙いのタナを狙いやすい。テンヤはハマれば、数釣りで威力を発揮する。

大分県で行われるタチウオ釣りの極一般的な仕掛け。ワイヤーハリスはタチウオの歯に切られないためだが、食い込みは悪くなる。アタリがない場合はこれを通常のハリスに変更すること。ウキ止めやケミホタルの位置を調節することも必要だ

バーコード