TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ トップウォーターのタックル

トップウォーター(シイラ)のタックル

真夏のオフショアジギングの主役はシイラだ。蒲江周辺では1m級の迫力あるシイラが、ルアーマンを出迎えてくれる。

竿=表層のキャスティングが基本。60gまでのルアーを飛ばせるもの。

リール=ドラグ性能が高く、ストレスなく大型シイラとのヤリトリを楽しめるもの。4000番前後。

道糸=キャスティングは、PEライン推奨。ナイロンに比べて、飛距離に大差が出る。1.5?2号推奨。

ラインシステム=PRノットなど、自分で試して強度があり、結びやすい結び方。

リーダーナイロン1ヒロ。

ルアー=表層狙いが基本だが、アタリの渋い時は小型にしたり、シンキング系で様子を見る。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード