TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ダゴチン仕掛け

ダゴチン仕掛け

ダゴチン釣りは流れが緩やかで、水深の深い場所がオススメだ。主なターゲットはマダイとチヌ。中層狙いでマダイ、底狙いでチヌがヒットする。チヌ狙いは技術が難しく、釣果の差がでやすい。

竿=ダゴチン専用竿。自作する釣り人も多く見られる。

両軸リール=イ片手で操作するので、軽いものがよい。

道糸=フロロカーボン2号通し。

ハリ=マダイ狙いはマダイバリの8?10号、チヌ狙いは2?4号(大分県のダゴチン可能釣り場の場合)

テンヤ仕掛け

一部の釣り人に大人気だが、一般的にはあまり知られていないテンヤ釣り。潮を見る確かな目と、その腕で釣果に天と地程の差が出るので、玄人向けの釣り方だ。

竿=テンヤのマダイ狙い専用竿は少なく、鯛カブラ専用竿を推奨。テンヤの重さに対応する、マダイ専用竿もオススメできる。

リール=ベイトリール推奨。

道糸=フロロカーボン3?4号

テンヤ=市販のテンヤを使用。慣れたら、自作テンヤで釣るのも面白い。虫エサや魚の切り身を使用する。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード