TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ ヒラメ釣り仕掛け

ヒラメ釣り仕掛け

主に県北では、ヒラメを投げ釣りに積極的に狙っているが、上がっても体長30?35cm級まで。それ以上になると、巨体を支えるエサを求めて深場へ移動するのか? 各メーカーからヒラメ専用投げ釣り仕掛けが出ているので、まずはそれを使用してみて欲しい。なお、ツケエはムシ以外にキビナゴなどを小魚もオススメだ。

ヒラメの活性が高い時はハリスを長く、活性が低い時は短くと言われていたが、近年はこの70cmほどに落ち着いてきた感じがする。ポイントは捨てオモリを結んだハリスの中央部に結び目を作って置くこと。もしも根掛かりした時に、その結び目から切れやすくするため。ハリは2本バリにすることでヒラメの掛かりを良くしている。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード