TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ クロ釣り仕掛け

クロ(メジナ)釣り仕掛け

クロのタナを決めずに、ツケエをマキエと同調させながらゆくり沈下させる仕掛け。クロの高活性時は、抜群の食いを見せる傾向がある。ただし、潮の流れの速い時やタナの深い時は、仕掛け操作が困難。

フカセ釣りの極一般的な仕掛け。クロのタナが一定している時は、抜群の効果がある。ウキにアタリが出やすいため、初心者にオススメ。上級者でも、仕掛けを深く入れたくない時にこの仕掛けに替えるケースを多く見ることがある(浅ダナのオナガ、深ダナのエサ盗り対策)。同じ仕掛けでチヌ、アジ・サバ、マダイ、メバルなども狙える。

波止にわんかさと湧き上がるクロを、効率良く釣るための仕掛け。初心者には、ウキが消し込むことでアタリも分かりやすい。海面近くでクロが活発な時は、ハリスにアタリウキを使用するとよい。

大分県の佐賀関周辺で見かけるクロのカゴ釣り。クロだけを狙っているというよりは、潮次第でアジやマダイなども掛かるためにこの仕掛けにしているといった感じ。このままタナを深くするだけで、大マダイも狙える便利な仕掛けだ。

地元・大分県の名手/池永氏考案の1000釣法はおそらく数あるフカセ仕掛けの中で、抜群の同調をみせる仕掛けである。この仕掛けでクロはもちろん、チヌ、アジ・サバ、マダイ、青物などフカセで狙える魚はなんでも釣れる。ウキは0Cでないとダメ!

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード