TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ メバル釣り仕掛け

メバル釣り仕掛け

大分県ではゼンゴ(アジ子)が釣れなくなると、この仕掛けに小型メバルがぼつぼつとアタリ始める。いい日には体長15cm級も交じるが、サビキで釣れるメバルは比較的小型が多い。また日に寄ってムラも激しいので効率のいい釣りとは言えないかも…。

大分県では県北で良く見かける釣り方。付けエサにはモエビやゴカイなど活きエサを使用することが多い。ゆっくり落しながらメバルの食い気を誘う意味合いでは、この釣法にかなう仕掛けはない。ガン玉のサイズは潮や状況によって変化させる。

ホゴ(カサゴ)釣りと同様にこのブラクリ仕掛けでもメバルが狙える。テトラによってはホゴの巣、メバルの巣ときっちり分れている所もあるのだ。ただし、ホゴよりは泳ぎ回ることが多いメバルだけに、どちらかと言えばミャク釣りに分がありそうだ。

長波止や沖波止などで、釣り歩きながらメバルのアタリを誘う仕掛け。同じ仕掛けでホゴも釣れるが、ホゴは底、メバルは若干上を狙いたい。特にまずめには顕著にその差が現れる。通常付けエサには活きエサを使用するが、代用として沖アミでもOK。

春告魚「メバル」は、春を迎えた一時期、夕方になると湧き上がる。そんな時にオススメな仕掛けがこのカブラ釣り。一番下に飛ばしウキをセットし、ナブラ目掛けて仕掛けを投入。ゆっくりとリーリングすると、面白いようにヒットする。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード