TOP ≫ 仕掛け集125 ≫ タチウオ釣り仕掛け

タチウオ釣り仕掛け

大分県で行われるタチウオ釣りの極一般的な仕掛け。タチウオの鋭い歯に切られないように、チモトにはワイヤーを使用する。なお、タチウオの食いが悪いときは、ハリスを使用するとアタリが活発化する場合がある(その代わり、切られることが多い)。ケミホタルは集魚効果があるが、それに加えてタチウオの前アタリを見ることができる。ツケエはキビナゴが基本。常に動かして、タチウオの食い気を誘うことが釣果アップの秘訣だ。

タチウオはフィッシュイーターである。このことを考慮した時、エサを自由に動かした方が食い込みは良くなる。そんな意味合いからこの仕掛けを考案した池永氏。超遠投で投入し、付けエサをボトムまで沈下。それを海面まで引き上げて、また沈下。付けエサをジグザグに引き上げることで、タチウオの食い気を誘う。

タチウオの高活性の時期、朝・夕まずめの大分市内の波止にはサーベリング愛好家が数多く集まる。仕掛け図は、一般的なサーベリングタックル。遠投志向の強い釣り人は、3m超のロッドで80gジグを使用する。時間帯によってボトム周辺を狙うか、ボトムから中層を狙うかを考えたい。基本はボトムを取ってただ巻きだが、高活性時は海面付近を意識してただ巻きする。

ここに掲載している仕掛けは、あくまで基本的な仕掛けであり、釣り場や対象魚の大きさ、シーズンによって異なります。また、各釣具の号数にも個人差があることをご了承ください。それだけ仕掛けには幅もあり奥が深いものですし、また楽しいものです。

バーコード