TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

楠屋沖で75cmマダイ

2012年 2月 19日 10時頃

2月19日、中潮。楠屋沖の舟掛かり釣りで、75cmマダイが上がった。海水温低下が進んでいるとはいえ、年が明けてからも毎週2枚前後の60cm超のマダイが上がっており、しかも、とてつもないアタリのバラシが度々ある。バラシが多い割に60cm超のマダイが上がっていないのは、暖かい時期に比べると、そのタナの違いにあると推測する。夏から秋にかけての暖かい時期のマダイのタナは中層より浅いため、釣り人は間合いを詰めた状態でヤリトリができた。しかし、海水温が下がってからはタナが底から10m以内であるため(水深40m弱)、糸の出ている量の多い分だけ魚が泳ぎ回るし、その結果、海底に張り巡らせているロープに逃げられることが多くなるだろう。そのため、深ダナでアタリを捉えた時は泳がせ過ぎないよう、強引に寄せることを心掛けたい。

さて、この日のマダイ狙いは竿頭で足の裏大〜1kg級の食べ頃サイズを軽く2ケタ、カワハギ狙いはやや不釣で10枚程度であった。「寒い割には、マダイがよく釣れています。大きなアタリがあるが、なかなか獲れないようですね。冬場に人気のカワハギは日ムラがありながらも、竿頭は30枚程度釣ることが多いです」(龍栄丸)。

写真提供:龍栄丸 TEL 0972・82・1502

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード