TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

チヌを求めて、贅沢釣行

2012年 3月 10日 7時頃

梅の花が咲き乱れ、心を和ませてくれる。季節的にはもうすぐ春。県南域では、散発的にロクマルチヌの便りも聞かれる。それならば自分もと、釣った事の無いロクマルを目指して車を走らせる。目指すは蒲江の西野浦港だ。3月10、11日と一泊二日の気合いの入ったチヌ釣りに、息子の健一と共に出かける。午前11時、西野浦港に着くと、北西風が吹き荒れ竿を出せる場所が無い。道路に沿って探すが、出来そうな所は全て私有地でダメダメ…。

丸二水産の長い桟橋の付け根付近が風の影響が無さそうなので、一人1000円を払って、釣りをする事にする。この場所は10年以上前に来た事があるが、その時はエサ盗りだらけで完敗した記憶が頭をよぎる。干潮が午後1時なのですぐにマキエ作りに取り掛かる。沖アミ3角につり万「乱舞探りチヌ」と「ホワイトチヌ」を各1袋ずつ混ぜ合わせる。蒲江湾内のイカダは水深が15〜20mと深く、流れも2枚潮の事が多いので、ホワイトチヌの視界性の良い集魚剤を使うと、潮の流れが確認しやすいと思う。次に仕掛けは、大物をターゲットとしたものをセットした。これでロクマルは獲ったようなものだ! ガッハッハ!

まずはタナ取りから。ハリにゴム付きオモリを付け、入念に水深を測る。この時期、チヌはあまり浮いて来ないので、面倒臭いがこれが大切な作業となる。もちろんこの間にマキエを打って、大チヌを寄せる事も忘れないように。と、ここまでは台本通りなんだが、丸二水産の息子が登場し、「 お客さん、ここは潜りの船がもうすぐ帰って来るので、釣りに成りませんよ。イカダの中央付近に移動して下さい」。何とな、早く言うちくれんな! よだきいのう。健一は最初から中央付近で釣ってました…。わしは、カケアガリ狙いって言うか、単に荷物を運ぶのがよだきいので、付け根付近でやろうと思ったんだが、仕方ないな〜。時間のロスやった。健一の隣まで移動し、タナ取りのやり直し。その最中、隣で釣っていた健一の雄叫び。「来た〜!」、竿が満月に曲がっている。根掛かりか? いや違う。かなり良型のようだ。しばらくのヤリトリでタモ入れしたのは、50cmオーバーのチヌだ。恥をしのんで、「タナ何ぼ?」と聞く。「竿2本とチョットで〜」。「おうそうやのう、今測ったところや(チョット違うけど、こっそり合わせましょう)」。

私もやっと釣り開始。出遅れてしまいました。でもベテランは慌てない。目標はロクマルやけんの。夕方が勝負よ! マキエを足元に打って流れの確認。潮は殆ど止まっているみたいやけど…。マキエに反応した、魚影が段々と集まって来ました。ゲッ! 凄いウミタナゴの群れが浮いて来た。やはり居るんですね。何年か前から、ウミタナゴが凄く多いんです。それを予想してツケエを数種類準備してます。ポイントを10m先に設定し、釣り開始。健一に再びアタリがあり、同型を取り込んだ。嘘やろう、羨ましい。何投目かに私にも待望のアタリ。じっくり待ってっと…、いきなり走った! 反射的にアワセ! 軽い? なんか違うみたい。上がって来たのは25cmのアジやんけ。お土産には嬉しいが複雑。その後、又々健一にアタリで45cmを釣って見せてくれました。私はアジとタナゴのオンパレードに意気消沈…。その後、午後5時まで二人ともチヌのアタリ無し。俺には最初から無いけど…。丸二の息子登場で、「潜りの船は終わりましたので、好きな所で釣って良いですよ」とのこと。その他、色々とアドバイスをくれる。「ツケエが残る時がチャンス」よと。その甲斐あってか、私にもアタリだ。ウキが見えなくなったところでアワセ。やっと来ました。本命の引きを十分楽しんでタモ入れしたのは45cmと小振りながら、本日初チヌにホットする。いつの間にか付け根付近のカケアガリに移動した健一の雄叫び! これまたデカそう。ロープを避わし無事にタモ入れ。52cmだ!

夕まずめのゴールデンタイムにいかにもロクマルが飛び出しそうだが、結局30cmまでのアジを追加しただけで、その日の釣りを終了した。予約していた丸二の民宿でお風呂タイム。食事は予約出来なかったので、西野浦港にある居酒屋で食事。ここの料理結構いけましたよ。夜10時まで営業しているそうです。宿に帰り、息子と反省会だ。と言っても反省したのは私だけでしたが…。翌朝、6時より昨日と同じ場所で午後4時まで頑張りましたが、又もや息子に52cmを釣られました。私は40cmのチヌと35cmのマダイで完敗。ちなみに、その後の蒲江情報では依然として大型が釣れており、好釣だそうです。大型の自己記録を狙うなら今がチャンス!

豊後うず潮会/利光栄二・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード