TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見で腹ボテ乗っ込み大型口太

2012年 3月 30日 15時頃

3月30日、小潮。南からの強風と、それに伴うウネリの影響で、鶴見半島や大島の東側の磯への上礁が不能であった。そういった理由から、宮崎県の桑原さんは、鶴見湾内の「センスイカン」に上礁した。夜明けから竿出しし、しばらく仕掛けを打ち返すと、ツケエを盗られるがアタリが出ず。そこで桑原さんは、浅ダナに浮いたクロがツケエを盗っていると推測し、ハリスの中央にアタリウキをセットする。着水した仕掛けが、アタリウキのおかげで極ゆっくりと沈下。ツケエが1ヒロ辺りを漂っている頃合いに、アタリウキが吸い込まれてアワセ! 手応え十分の引きを楽しんで浮かせたのは、45㎝級口太であった。その後も中型主体にクロのアタリが連発し、クーラー満タンの釣果を上げたのであった。

さて、同じ湾内でもクロのアタリが全くない場所もあったが、そこではクロの代わりに、45㎝級チヌが頻発した。「浅く狙ってもツケエが残るので、深く入れたらチヌが連発しました。クロ狙いだったので、それ以降は仕掛けを深く入れなかったのですが、同様の釣り方をしていたら、もっとチヌが釣れていたかもしれませんね」(湾内で良型チヌを5枚の釣り人)。「悪天候で沖磯に渡せなかったので、久しぶりに湾内へ上げました。今年はクロが釣れ続けているので、チヌの動きをチェックしていませんでしたが、丁度山桜が満開になったことが重なったせいか、よく釣れていました。

2012年の春はクロにチヌと釣り物に悩む、非常に贅沢なシーズンですね」(第3正幸丸)。
取材協力:第三正幸丸TEL0972・33・0896

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード