TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

MFG九州チヌ釣り大会

2012年 4月 15日 13時頃

4月15日、長潮。MFG九州チヌ釣り大会が、大分県南一帯の釣り場で開催された( 60名参加)。深夜の佐伯市番匠川河川敷で大会受付を済ませた参加選手達は、数年振りのチヌの好釣果に湧く蒲江や、先週開催された(4月8日)G杯チヌ予選で大型が頻発した鶴見の磯をメインに釣行する。場所によっては潮が全く動かなかったり、エサ盗りの小サバやウミタナゴの猛襲に観念していたが、全体的には平年並み以上にチヌが釣れていた。早朝、阿部秀樹さんは蒲江西野浦で竿出しした。「西野浦で竿出しした理由は、近場の「丸二水産のイカダで好釣果ということもあり、その近くの波止で竿出ししてみるのも面白いと思ったから」とのこと。

阿部さんはマキエ(「チヌの道」、「白チヌ」)を広範囲に打ち込んでから、海の様子を観察する。普段の4月であれば、マキエにエサ盗りが反応するのが見えるのだが、その姿は全くなく、ツケエが残るばかり…。そこで、チヌの食い気を喚起しようと、常に誘いを入れ続ける。すると、仕掛けを戻した瞬間に道糸が沖へ引かれて、それを合図にアワセを入れる。魚は沖へ走ろうとするが、竿で溜めて我慢をしていると、道糸の先から銀色に輝く美しい魚体が海面を割る。良型チヌを無事にタモ入れすると、すぐに仕掛けを打ち返して次なる獲物を狙う。先ほどまでほとんど動いていなかった潮が、ゆるやかに力強く沖へ流れ、その間に50㎝級チヌを2枚追加。お昼前には再びエサ盗りが多くなったので、釣果を伸ばすことなく午後3時に納竿することとなった。

「使用したツケエは『船丸』と『シャキ生』。基本は食い込みが抜群の『船丸』、エサ盗りの出る時は、『シャキ生』を愛用しています。今日は3枚とも、『船丸』での釣果でした(阿部さん)。各地で春チヌが続々と開幕、チヌ狙いが盛り上がっていますよ!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード