TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣研FG チヌ釣り選手権大会

2012年 4月 15日 11時頃

4月15日、長潮。釣研FGチヌ釣り選手権大会が、大分県南一帯で開催された(参加選手111名)。今年の大分県下のチヌの好況振りは県外の参加選手達も折り込み済みで、「この日を心待ちにしていた」という県外からの参加選手の声も多数聞かれた。釣果についてはその評判を覆すことなく、上位5選手が50㎝オーバーを記録。好況もさることながら、釣研FG会員の釣技も随所に散りばめられた結果であっただろう。

さて、上位3選手は好釣の蒲江の中でも西野浦での釣果であった。111名の中から栄冠を勝ち取ったのは、「元丸」の筏で竿出しした釣研FG北九州支部の城戸進選手で使用ウキは深場のチヌ釣りの名品「BMスリム」であった。

「早朝は沖向きの釣り座の深場狙い。竿2本半の水深できっちり底を狙ったが、ツケエの沖アミの生が残るばかり。『恐らく、海水温が低いのだろう』と判断し、少しでも水温が高くて魚の活性の高い浅部狙いに変更し、筏の地寄りへ釣り座移動しました。ここの水深は竿2本で、ここでもやはりきっちり底を狙いました。早朝から潮が全く動いてなかったが午前8時過ぎにふっと上げ潮が流れると、BMウキにスッとアタリが出ました。トップが5㎝程押さえ込まれると、その位置で静止しました。アワセを入れるか考えていると、しばらくしてから、スウッーと海中へ引き込まれて、ウキが見えなくなってしまってからアワセ! 狙い通りにチヌがフッキング、手応え通りの大きなチヌを釣ることができました。『BMスリム』は抜群の高感度がその特長。前アタリを察知しやすいし抵抗が少ないから、前アタリがあってからの食い込みもよいですね」(優勝した城戸さん)。

2位には、釣研FG大分県支部の足立正一さんが入賞。「西野浦港で竿出し。ウミタナゴなどエサ盗りだらけで、魚の活性は高いと感じました。ツケエは沖アミの生とネリエのローテーション。午前8時過ぎに潮の感じが替わると、釣研ウキ『どんぐりEX』が海中に引き込まれました。『どんぐりEX』は昔からある定番アイテムで、タックルケースには常備しています。視認性がよく、安くてオールマイティな便利なウキですね」(足立さん)。3位には、釣研FG大分県支部の鳥越善太郎さんが入賞。

「西野浦の筏で竿出し。エサ盗りが多く厳しい状況でした。マキエを打つのを止めて、5分ほど釣り場を休ませてからの再開で、一発目に大型が釣れました。使用ウキは釣研『ストライパー』で、抜群の安定感と高感度でお気に入りのウキです。状況に応じた微妙な浮力設定もしやすいのもいいですね」(鳥越さん)。最後に大会参加選手、関係者の皆様、お疲れ様でした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード