TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大型イサキ頻発、佐賀関沖の五目釣り

2012年 5月 30日 13時頃

5月30日、長潮。遊漁船「海千鳥」(佐賀関一尺屋下浦)はイサキ狙いに、佐賀関沖へ向かった。この日の「海千鳥」のターゲットは、地付きの大型イサキ。地付きのイサキは根の荒いポイントでアタリがあるので、仕掛けが根掛かりしやすいが、釣りが難しい分だけイサキの型が大きく、特に今は旬の時期ということもあり釣り人達もその苦を問わずに釣行している。イサキの型は1㎏級も珍しくなく、5匹も釣ればお土産に事欠かないほど。身がたっぷりの乗っ込みイサキ狙いの状況はいかに?

さて、下げ潮の流れる中、船長から仕掛け投入の合図が船上に響き渡る。根が荒いポイントなので、刻々と変化する水深に合わせ、釣り人達はタナを上下させる。竿を大きく煽って誘いを入れると、コツコツコツとイサキの前アタリを捉える。ハリに乗るの感じてからアワセを入れると、ズッシリとした重量感が手元に伝わる。ゆっくり巻き上げると、腹がでっぷりのイサキが姿を見せた。普段であればポツポツとアタリがあるがこの日はイサキの活性が高く、一投毎にアタリがある。根掛かりとイサキの釣果を繰り返しながら、午前10時には2ケタを達成、まだまだ釣れるかと思いきや、上げ潮に替わった途端にイサキの食いが止まってしまう。それでも、クーラーに収まりきれない程の型揃いのイサキが釣れたので、釣り人達は大満足の釣行となった。

「普段はいい人で5〜8枚前後。今日はイサキの活性が特別良かったですね。仕掛けはすぐに替えられるように、10セット以上を準備しておきましょう」(海千鳥)。旬の大型イサキ狙いのハイ・シーズンを迎えました。時間のある方は、急いでイサキ釣りへ行きましょう!

取材協力=海千鳥 TEL090・1160・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード