TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

デカイサキ頻発中

2012年 6月 9日 10時頃

6月9日、中潮。本誌でイサキを大型と判断する基準は凡そ、40cmである。一匹で40cmもあれば刺身だけでなく、焼き物も煮物も楽しめるし、もちろんその引きはとてつもなくパワフルでスリリングだ。しかし最近、「薬丸」の五目で釣れているのは、45cmを優に超えて、50cmに届きそうな(50cm超も時々上がっている)特大イサキ。そのシルエットは普段私たちのイメージするイサキの姿ではなく、デップリと腹の出た、アラかの様…。そんな特大イサキ狙いに早朝、「薬丸」は出船した。

潮の流れは極ゆっくり。高低差の大きな瀬の上に船を流すと、船上の方々で竿が曲がり、特大イサキが海面を割る。さあ、イサキラッシュと思いきや、竿曲げする釣り人の半数は根掛かりで、仕掛けを引き抜くのに四苦八苦している。常連の釣り人達は手早くハリスを切って、即座にオモリカゴを回収して予め準備していた仕掛けを結び直す。「根掛かりしやすい釣り場なので、仕掛けを最低でも10セットは準備をしておきたい。時合いは短いので、仕掛けのトラブルで時間を取られるのはもったいないですからね」(常連の釣り人の一人)。

竿頭は特大イサキを8枚に、マダイ、ハゲ交じりで軽く2ケタ。五目釣り愛好家よ、特大イサキを逃すな!

写真提供=薬丸TEL090・2853・0899

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード