TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津でクロ釣り〜大型ハマフエフキも〜

2010年 2月 16日 0時頃

クロの食いがイマイチだが、沖黒島へボーズ覚悟での釣行に行って来ました。この日、午前9時の見回り便で遅めの釣行となったため、沖黒島の風裏になる場所は全て埋まっていた。しかし、たまたまビロー下の人が瀬替わりするとのことで、入れ替わりで上ることが出来ました。替わる人に釣果を尋ねると、竿2本(10m)ぐらいのタナまでツケエを入れてもそのままの状態で残ってくるとのこと。しかし、そんな状況は予想していた通り。とりあえず瀬上りし、作戦を練る。ツケエが盗られるまで深く入れるしか無いねと言いながら、私は船着け。和哥山さんは長ミゾ側の釣り座に入り竿を出すことにした。

まず自分は、クロの反応が無いと見て、00号のウキにジンタンの3号を打ち、ひたすら仕掛けを入れ、マダイ狙いをしてみることに。潮が長ミゾ奥の方に流れ釣り難いが、1投目からアタリがあり、30cmぐらいの塩焼きサイズが上がって来た。期待を膨らませ、同じように狙うが反応なし。しまいには手前の瀬に根掛りしてウキを流す始末…。これを機会にクロ釣りに変更。しかし当て潮がきつく、釣り難い状況が続き、アタリが無いどころかツケエすら盗られない。そんな中、和哥山さんの竿が大きくしなっている。ゆっくりヤリトリをしていたが、もう少しの所でハリス切れ! 

それから徐々に潮が下げ潮に替わり、当て潮が緩くなった。その瞬間、自分のマキエにクロが湧いてくるのが見え、仕掛けを完全フカセに替える。しかし、タナを3m弱で狙うがなかなか食わない。そこで仕掛けのサイズを一気に落し、ハリス0・8号、ハリを「サシアミグレ/3号」にし、ツケエをサシアミに変更。すると1発でクロが食って来た。アワセを軽くし、ハリスに負担を掛けないようにヤリトリをしようとしたのだが、クロの元気がまったく無く簡単にゲット。30cm位のサイズだったのですが…。産卵を控えて腹パンパンのせいか、ペラペラ〜っと上がって来ました。しかし、貴重な1匹は嬉しいものです。すぐさま2枚目をと思いマキエを打つが、海の中はシ〜ン。嘘でしょ! さっきまでうじゃうじゃ居たのに、なにも居なくなってしまいました…。まさかこの状態で、夕方ドラマが起きようとは…。

夕まずめの午後4時。和哥山さんが半遊動でタナを15mに設定して狙っていた時に、物凄いアタリを捉えた! みなさんも沖黒島に行ったことのある人ならほとんどの人が強烈な引きに遭遇したと思いますが、その正体の大半はオナガ、イズスミ、もしくはカンダイと言う人が多いと思います。実はこんな奴もいたのです! 沖黒中に響きわたりそうなバチバチ音! なんとか最初の暴走を止め、正体不明の化け物を寄せにかかる。かなりの重量感のようだ。これマダイ? 引きが違う。もしかして60オナガ、イズスミ? アタリから15分、まだ姿が見えないが化け物も弱っている。20分、姿がチラッと見えた。白い? いやっ茶色? 自分はそんなことを思っていたが、和哥山さんは最後の抵抗に耐える。30分、やっと水面近くに正体を現した! ハマフエフキ! しかも60どころか80はある! タモを構え、とりあえず空気を吸わせるまでは油断できない。35分、ボオコッ! タモに無事に収まった? 40cmのタモに納まるわけないです。半分胴体が出たままちょうど潮が引いていたのでタモ枠を持ち、なんとか無事に82cm、8・8kgを取り込みました。

今回沖黒にはハマフエフキの化け物も居ることが分かり、面白い釣行となりました。反面クロはどうなっているんでしょうか? 去年の今頃は40cmオーバーが良く釣れていたのですが、今年は釣れません! 話によると黒潮が入ってないため、水温低下が続き魚が少ないみたいです。でもこれは自然現象なので、何を言っても仕方ない。今からはマダイ狙いやチヌ狙いで磯釣りも面白いでしょう。

久保平克彦・記

筆者のタックル

磯竿:1.2号

道糸:1.5号

円錐ウキ:00号

ハリス:1.5号

ハリ:4号

つり太郎WEB内を検索

バーコード