TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大味?いいえ、大アジです!

2012年 6月 30日 12時頃

6月30日、若潮。学生時代の釣友「&氏」が、前々から「屋形島に行ってみたい」と言われていたので、この日に釣行に行ってまいりました。 定期船「えばあぐりいん」の始発便に乗り現地に到着。荷物を降ろしていると、イケメンの新人船員さんより「最近、屋形島に大アジが入って来ているみたいですよ」とアドバイスを頂きました。

急遽決まった釣行だったため、何狙いと決めていなかったので、とりあえずアドバイスに従い、この日はアジ狙いへと決めました(主体性がありませんので…笑)。

午前中は小雨が降る中がんばっていましたが、この日はイサキの子が足元から沖まで湧いており、大アジの姿を見る事はできませんでした。午前中降っていた雨も午後からは止み、太陽が見える様になってからようやく、イサキの子以外のアタリが出始めました。まず自分が、そのアタリを捉えましたが、沖のロープに走られ止める事が出来ずバラシ…。続いて「&氏」もアタリを捉えたが、ハリスを飛ばされ為す術なく撃沈。それからしばらくは、コッパグロとイサキの子と遊んで(遊ばれて)ました。

太陽が出てからは、あまりの暑さに自分は早々に竿を置き、「&氏」の釣りを見学。 日頃から肉体労働をしている「&氏」は、暑さを全く気にする事なく黙々と続行。そんな「&氏」の粘り勝ちなのか、25㎝超えのメバルを釣り上げました。そろそろ定期船の最終便が迎えに来るという午後4時過ぎに念願の大アジが回遊し始めたらしく、この日最大の37㎝の大アジをゲット!「これからが本番」と思っていましたが、惜しくもここは離島。前述した通り迎えが来る時間なので、泣く泣くここで納竿としました。

この日は「&氏」の一人舞台でした。新人船員さんがブログでも書いている様に確かに屋形島には大アジが回遊して来ているみたいです。しかし、一日中湧いている様な感じではないので、少ないチャンスを「&氏」の様に掴めるかどうかは、努力もしくは運次第です(笑)。

HN/豊爺・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード