TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大型イサキ続釣中

2012年 6月 30日 15時頃

6月30日、若潮。記録的な降雨量とシケ続きの影響で、6月の出船日が限られた船のイサキ狙いであったが、前日の久々の釣行では竿頭は型揃いで10匹を軽く越える釣果を上げて、その勢いがシケ前とは変わっていないことに一安心。そしてこの日も、型揃いのイサキの数釣りを狙って、遊漁船「薬丸」(大分市細港)は佐賀関沖へと向かった。

根の荒い瀬の上に到着すると、船長からのタナの指示が船上に響き渡る。船の流れに伴って、刻々と変化するタナに仕掛けを合わせながら、ポツポツとイサキを拾い釣りする。根の荒いポイントなので根掛かりが多く、船上では仕掛け交換が頻繁に行われる。常連の釣り人は予め準備していた仕掛けセットを手早く付け直して、手慣れた動作で仕掛けを打ち返す。不慣れな釣り人は仕掛け交換によるタイムロスが響いて、なかなかイサキの数を伸ばすことができなかった。結局この日は、前日の大量には及ばなかったが、竿頭でイサキを10匹弱にホゴ、ウマヅラハギの釣果を上ていた。

「海底の変化の激しい釣り場なので、仕掛けのロスを覚悟の上で釣行して下さい。イサキはもちろんですが、最近はイシダイのアタリが多くなっています。美味しいホゴなど、うれしい外道が盛り沢山ですよ」(薬丸)。イサキはどれも腹がパンパンで、今が釣り時! 産卵前のイサキを逃すな!

取材協力=薬丸TEL 090・2853・0899

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード