TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

気温上昇、タイラバ上々

2012年 7月 15日 14時頃

7月15日、若潮。連日の豪雨による河川からの流木の流入と、濃い朝霧に夜明けからの出港を阻まれて、午前6時30分に「第3えすぽあ」は日吉原から出港した。低速で流木を避けながら、いつもより時間を掛けて、目的ポイントに到着した。

午前7時過ぎ、釣りを開始。この日は今年、大ブレイクのタイラバのマダイ狙い。40gのタイラバを投入すると、船のほぼ真下にタイラバは沈下。潮の流れは、あまり無さそうだ。ティップが跳ね上がり、タイラバの着底を知らせる。それと同時にリールをただ巻きすると、すぐにコツコツとした前アタリを捉える。アワセたいのを我慢して、ハンドルの回転速度をキープしていると、ガツンと本食いした手応えが伝わりアワセ! ギュンギュンと元気の良い引きを見せたのは、30㎝級のマダイであった。それを合図に、各所でマダイがヒット。マダイのサイズは25〜40cm弱ばかりだが、釣り人達は久々の魚の感触を興奮して楽しんだ。シンカーの色は様々だが、オレンジのネクタイがこの日の当たりカラーであった。

さて、竿出し直後の好釣が一段落、次の時合いは午前10時の下げの潮止まり前。この時間帯には50cmアップのマダイにマゴチ、サゴシ、サメに、ヒラメもヒット。まだまだ時合いが続きそうであったが、十分に魚を釣ったのでお昼前に納竿したのであった。

「久々の釣行だったので釣果に不安がありましたが、マダイの食いが良くてホッとしました。産卵を終えたマダイが、荒食いをする時期に差し掛かります。夏場は、大型マダイ釣りを楽しめそうですね」(第3えすぽあ)。雨続きの7月であったが、豪雨明けの14、15日はいきなりの猛暑で体がヘトヘトになった釣り人も多かったでしょう。これからは暑さとの勝負! 体調管理を万全にして、夏の釣りを存分に楽しみましょう!

取材協力:第3えすぽあTEL090・4995・3358

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード