TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分沖でアジ・サバ釣り

2010年 3月 6日 0時頃

曇り空の中、大分の船釣り専門船「釣吉丸」に乗船した釣り人は、クーラーの中に大アジ・大サバを入れていた。中でもアジは良型揃い。春が近づきマルアジからマアジになって来たとのこと。あと1ヶ月もすれば美味しいマアジを釣ることができるのでは?と船長は予想する。サバの方はこの日はポツポツといった模様。

そこで船長からサバ釣りのアドバイス。「現在のアジ・サバ釣りは底釣りではなく、中層釣りになっています。そこで、サバを釣るにはタナ取りが必要なんです。アジとサバの群れは微妙に違い、その差は竿1本分。このタナが原因で釣果もアジが多かったり、サバが多かったりします。なので電動リールのカウンターが重要。ただし、電動リールもPEラインのメーカーや早巻き・遅巻きが原因でカウンターが狂うことがあります。確実にタナを取るには、PEラインの色で判断した方が良いと思います。ちなみに魚は食い上げることで活性がよくなるので、ちょっと食わないと思っても自分の判断でタナを下げることはしないこと。一人分のマキエが底に下がったとしても船内全員のアタリが止まることがあるので、船中全員のチームワークが必要ですね」。

まだまだ楽しめそうな大分沖でのアジ・サバ釣り。船長のアドバイスを元に、3月の大アジ・大サバ狙いに出掛けてみませんか?

写真提供:釣吉丸 tel090・3011・3054

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード