TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋マダイの足音、イサキ好釣!

2012年 9月 6日 11時頃

9月6日、中潮。「千鳥丸」(佐賀関一尺屋下浦)は五目のイサキ狙いに佐賀関沖へ向かった。午前6時前、ポイントに到着して釣りを開始。電動リールのカウンターが船長の指示ダナに到達したことを知らせると、大きく竿をシャクってカゴに詰まったエサを撒き、1m程リールを巻き上げる。すると、穂先にグンッ、グンッとアタリが出て魚のアタリを知らせる。電動リールを巻き上げると、35㎝大の良型イサキが浮き上がった。1投目から本命が釣れて、その後はダブル交じりで続々と同型イサキが間断なく上がり続ける。まさかのマダイに備えて使用していた9号のマダイバリにも躊躇することなく、イサキはハリを丸飲みしてガンガン上がって来るのであった。午前10時に上げ潮が止まると、これまでの好釣が幻かのように、イサキのアタリが全くなくなる。それでも全員が30匹のイサキを釣っており、午前11時に納竿することとなった。

「今年はイサキの食いが良く、秋でも数が出ています。今日は秋にしては珍しく、イサキの型が良かったですね。今日のマダイの釣果は船中で1枚だけでしたが、今後は海水温低下に伴い活発化することが予想されます。イサキの数釣りとマダイの様子見に、五目釣りへ釣行しませんか?」(千鳥丸)。

取材協力:千鳥丸TEL090・8411・6010

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード