TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

探って口太、浅場でオナガ

2012年 9月 6日 11時頃

9月6日、中潮。午前1時、釣具の三平戸次店の内嶺さん一行は「三幸丸」(蒲江猪串浦)で、「ツバクロ」に上礁した。「ツバクロ」は深島でもトップクラスの魚影を誇り、大型口太やオナガの実績が高い。大型オナガ狙いの最高の舞台への上礁に沸き上がる、内嶺さん一行であった。

さて、内嶺さんは道糸とハリスを3号通しの太仕掛けをセットして竿出しする。際にマキエを打って、その中心に仕掛けを投入する。電気ウキが海面を揺らめき仕掛けが馴染むと、ウキが海面のやや下で安定する。深夜の一発に期待しながら、マキエを追い打ちすると…、目の前で揺らめいていた電気ウキが突然視界から消えると同時に、とてつもない衝撃が体を貫く! ギュンギュンと瀬際に突っ込む暴力的な泳ぎに応戦すると、徐々に魚の力が弱まり、じわじわと海面へ浮き上がる。掛けた直後のパワーに比べると、浮き上がる時の弱まり方が激しいような…。海面に浮き上がったのは、50㎝を裕に超える特大イズスミであった。それを合図にイズスミのオンパレードが早朝まで続いたのであった…。

朝まずめを迎えると満潮が上り始め、潮の雰囲気は良好になった。イズスミの出る時はオナガも出る傾向があるので潮加減が替われば、オナガの勢力がイズスミを超えるはず。その瞬間を逃すまいと、内嶺さんは黙々と仕掛けを打ち返す。午前6時頃、アタリと同時にチモト切れする凄まじいアタリが連発する。最も効果的なチモト切れ対策は、オナガにハリを飲ませずに口周りにフッキングさせること。そこで内嶺さんは6号のオナガバリから8号にサイズアップをする。しかし…、オナガの食い気がそれを上回っているらしく、チモト切れを連発。ハリの更なるサイズアップを図りたいが、手元にあるのは8号がマックス…。まさか大分で、10号クラスのオナガバリが必要になるとは!

午後4時までに3人で何十発ものオナガらしき猛襲を受けたが、オナガの姿を見ることなく納竿したのであった。「夜中はイズスミばかりでしたが、昼間は恐らく、大型オナガがアタックして来たと思います。近々、リベンジを果たしたいですね! オナガの食いの止まった時に、試しに仕掛けを補足して深く入れたら口太とイサキが頻発しました。深島の状況が良くなっていますね」(内嶺さん)。灼熱の夏が終わったとはいえ、晴れた日の磯はまだまだ暑いようです。水分をたっぷり準備して、オナガ狙いを楽しみましょう!

取材協力:三幸丸TEL0972・42・0364

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード