TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

四浦沖のシマアジ釣り

2012年 9月 9日 11時頃

9月9日、小潮。てなわけで、毎週釣りをもくろむワシに、2馬力船「いそかぜ号」船長の脇さんから電話。「達ちゃん四浦半島で、3㎏位のシマアジが一人15匹位釣れよるでぇ〜」。「なに〜、一匹数千円の超高級魚シマアジが入れ食い!こりゃぁ〜たまらん、たまらんでぇ〜」と日曜日に行ってまいりました。

午前6時、「美幸丸」船長の幸さんの船に乗せてもらい、四浦沖を目指す。すでに「いそかぜ号」と「木村丸」が到着しており、状況を聞くと反応が無いと言うので、釣れ出すまでタイラバ釣りをする事に。ポイントは「ヨウジンバエ」の沖。ここではマダイは出ず、ホゴと戯れて午前7時に再合流。状況を聞くと、波止から遠投カゴ釣りで釣っている人達にはぽつんぽつん釣れよるらしい。「えぇ〜、地から釣れて、沖の船から釣れん?シマアジフルコースがぁ〜、やれんやれんでぇ〜」。

釣れたのは、アジに小ダイだけと寂しい返答。準備したマキエ(沖アミ生、ジャンボ各1角に、ムギ、パン粉各1㎏)、ツケエのマルキューの「くわせオキアミ/L」の総額1620円の元が取れんでぇ〜。とりあえずワシらも釣り開始。船の係留場所は、地からの遠投カゴが届かない距離。潮は沖を向いて左流れの上げ潮が流れている。早速、仕掛け作成。道糸は視認性最高の東レ「ブラックマスターちぬ/2号」、これにハリス「スーパーLEX/1・7号」を2ヒロ取る。そしてウキは釣研から今期新発売の「全遊動X円錐/0号」を通す。このウキは形状が下膨れタイプで操作性が良く、着水してからは安定感抜群。さらに穴径は全遊動シリーズの定番Xストレーナー構造で糸落ちと感度抜群のウキ。付属品として、「潮受ウキゴム/M」が付いている。浅ダナで食うと言うのでハリから1ヒロの所にセットして、ハリは「競技ヴィトム/7号」をセット。これなら、60cmオーバーが来ても楽勝。早速マキエを打って様子を見るが、何もおらん…。しかーし、仕掛けが10m程流れた所で糸ピン!しかーし軽い…。釣れた魚はゼンゴでがっくり。またたく間に辺り一面ゼンゴだらけ。やれんやれんでぇ〜。「ゼンゴサン、アナタハ、シアジノ、守護神デスカ?」。

沖アミのツケエは秒殺、全く歯が立たない。しかーし、脇さんと連れの後藤さんの竿が強烈に絞め込まれている。無事にタモに収まった魚はシマアジ!「ごけぇ〜、ゼンゴがおるに〜」。「脇さん沖アミ?」と聞くと、ムギと返答。「むぎ〜?」、ここで釣れるシマアジはムギを良く食っているので、ムギを蒸かして持って来たと言う。さすが準備がいい〜。しかし海の中にムギはおらんのに、大概の魚がムギを食うのが良く解らん…。早速、マキエの中の微妙なムギをハリに5個位串刺しにして投げると、ワシにも強烈なアタリ!しかーし、ハリ外れ…。同じくムギで釣っていた幸船長が糸ピン!ギューンと竿を絞り込む引きは、シマアジ!ヤリトリに3分、タモ入れしたシマアジは45cm位。テンション上がりまくりで、しばし狙うがゼンゴがマキエに大量に群がるばかりで、シマアジの気配なし。ここで一番潮下の「木村丸」で来た、赤峰君が2匹続けてゲット!「雄紀、ムギなぁ〜?」「いや、沖アミで」「ゼンゴおらん?」と聞くと「おるでぇ〜」と理解不可能な回答。しばらく様子を見ていると、何やら騒いだと思ったら、ツケエを竿下に投入。すぐにヒット!わちゃ〜、見釣りしよる。「見えるんかぇ〜」と聞くと「なんぼでん見える」と言うので急いで船移動。船を連結してマキエを打つと、シマアジ大群登場!ここはマリンパレスかぁ〜?(現うみたまご)と思う位、マキエの帯の中をバババーとマキエを食っては消えるを繰り返している。マキエを打って、シマアジが食いに来た所にそっとツケエを入れて、ツケエが消えた瞬間にアワセ!しかーし、これが中々難しい。

マキエに群がる時間は数10秒。しかも違和感を感じるとすぐに吐き出す始末。赤峰君はさすがで6匹仕留め、偏光メガネを忘れた木村君も気合で1匹ゲット。ワシと幸船長は苦戦…。ゼンゴとシマアジが交互にやってくるし、学習能力も高い。粘る事1時間、幸船長に2匹目のシマアジ。そしてついに、ワシにも…、ヒット!仕掛けが馴染んで、ツケエとマキエが同調しながら2ヒロ位沈んだ所で、シマアジの魚影がチラッと見えたかな?と思った瞬間糸ピン!掛けたと同時にぐおーんおんおんと強烈な絞め込み。底へとグングン走る引きで、竿の胴部分は完全に水中の中、たまらん、たまりまへんこの引き!逃がしまへんでぇ〜と、腕がちちもぐるような強烈な絞め込みを何回も避わし、格闘5分、やっとタモに入ったシマアジは50cm、1・5㎏程の体高ありありの旨そうな魚体。最後の最後のマキエで食わせただけに感動、これにて竿納。

途中から「ヨウジンバエ」沖でイサキ釣りの脇さんは、40cmオーバーを数匹ゲットし、みんなニコニコ顔で四浦沖を後にした。波止からの遠投組もぼつぼつ釣れてます。まだまだ行けます、是非お試しあれ〜。今晩もシマアジの刺身に炙り、カマ塩焼きとビール、焼酎が旨いでぇ〜。次回は何釣りしょうかいな、釣り最高!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード