TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

サンラインCUP 磯米水津大会

2012年 11月 3日 6時頃

11月3日、中潮。秋の磯釣りシーズンの盛りの中、「サンラインカップ磯米水津大会」が開催された。本紙記者は鶴見半島の「カツアジロ」で同行取材を行った。午前6時30分、競技が開始される。朝まずめの一発を期待するがその思いとは裏腹に、クロのアタリを捉えることができず。潮の様子は表層が「サズリ」方向へ川の様に流れており、仕掛けが全く馴染まない状況であった。選手たちはハリスにガン玉を追加して強制的に仕掛けを沈めるも、魚の活性が低いようでツケエは残るばかりであった。午前10時前、潮止まりで潮が弛んだ瞬間、潮下の秋吉さんの竿が曲がる! 力強い引きをいなして釣り上げたのは待望の、40cm級口太であった。

「潮が弛んでからはチラチラと、口太が見えました。アタリと同時に糸が引き出されましたね」(秋吉さん)。それと同じ頃に、「カツアジロのハナレ」で竿出ししてい畠山さんにもヒットし、46cm級口太を釣り上げる。このまま時合いが続くことを期待したが、それを最後に大型口太のアタリがなくなり、「カツアジロ」に上礁した選手の中で、納竿までに大会規定の5枚の口太を揃えることのできた釣り人はいなかった。他の釣り場の状況に不安を抱きながら検量所へ向かったが…。

優勝したのは福岡県の中司亮選手で、横島の「平瀬」に上礁。「早朝は潮が『キナル』方向へ速く流れていたが、ハリスにガン玉を追加して仕掛けを安定させたら、2ヒロ以内で活発にアタリましたね。後半は下げ潮に替わって、潮が沖黒島方向へ流れました。この時も同様の釣り方でクロが釣れました。潮の流れている間は割りと素直にフッキングしましたが、弛んでからはアタリが出なかったり、素バリを引いたり…。規定は5枚でしたが、10枚以上をキープできました。使用した道糸は『磯SPマスラード』。鮮やかな赤系の色が見やすく、水切れの良いラインですね。ハリスは昔から愛用している、強度が抜群の『松田SP競技ブラックストリーム』でした」(優勝した中司さん)。この日の米水津は全体的に低釣であったが、地磯周りでは小振りながらも比較的クロの魚影が濃く、規定枚数を揃える釣り人も少なくなかった(2位の伊東選手は「イワシバエ」、3位の大津選手は「ワニ」)。

この結果から海水温が低下するまでは、「地磯周りの浅場」が狙い目であることを推測する。最後に大会参加選手、関係者の皆様、お疲れ様でした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード