TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ダイワグレマスターズ2012 東九州地区大会

2012年 11月 13日 12時頃

11月13日、大潮。クロ釣り師の夢の祭典「ダイワグレマスターズ2 0 1 2 東九州大会」が米水津の磯で行われた(142名参加)。午前6時30分から午後0時30分までの6時間の競技で5枚までのクロの総重量を競い、上位10選手がB ブロック大会への出場権を獲得する。クロの状況は厳しいとの前評判の米水津であったが…。

午後1 時、競技を終えた選手たちが続々と米水津小浦に設置された検量所に足を進める。それぞれのライブウェルの中には良型口太が多数で、前評判を覆す釣果が上がっている様子であった。規定の5枚を揃えた選手が多数と激戦の中、5枚で5㎏オーバーを釣り上げた熊本県の森賀正数選手が1 位で予選を通過した。

「上礁したのは『汐吹』。浅ダナは型が小さいと推測し、深めの竿1本半を狙いました。当て潮がきつかったので、仕掛けを沖へ遠投し、マキエは足元に集中して打ち込みました。沖に投入した仕掛けが足元で馴染むイメージで仕掛けを流すと、時合いには明確なアタリで大型口太がヒットしました。エサ盗りはキタマクラやサンノジが若干いる程度で、あまり気になりませんでした」(森賀選手)。11月上旬までの米水津はクロの個体数が少なく場所によってはエサ盗りが多かったが、この日を境に状況が一変してクロの個体数が多くなり、40㎝を超える大型口太が頻発した( 最大で50㎝口太の釣果があった)。クロは全体的に満遍なく釣れており、米水津の磯が本格的に開幕したことを実感させられた。Bブロック大会は12月10日、宮崎県北浦の磯で開催される。東九州地区大会の勝ち上がり選手の健闘を祈ります!

最後に大会参加選手、関係者の皆様、お疲れ様でした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード